ここから本文です

メルセデスF1で多くの知識を吸収したオコン。「カムバックできたら、完成されたドライバーになっている」と自信

8/25(日) 8:00配信

オートスポーツweb

 エステバン・オコンは2019年をメルセデスの控えとして過ごしているが、レースに出場しないからといって彼がメルセデスのリザーブ兼シミュレータードライバーとしての役割から何も学んでいないわけではない。実際はまったく逆だ。

2020年のルノーはダニエル・リカルド、エステバン・オコンのペアが濃厚に

 オコンは自身の来シーズンの運命についてあと数日で知ることになるだろうが、今週ドイツで報じられたところによると、彼は2020年にルノーに移籍するという。

 オコンにとって落ち着かない時期だろうが、来シーズンに彼がどのチームからレースに出ようが、メルセデスの経験から学んだことを武器に表舞台に戻ることになるだろう。

「メルセデスでは多くのことを学んでいる。カムバックできたら、僕ははるかに完成されたドライバーとなっているよ」と22歳のオコンは『Formula1.com』のローレンス・バレットに語った。

 オーストラリアGP以降、オコンのスケジュールは、ブラックリーにおけるメルセデスの重要なシミュレーター作業と、グランプリウイークにチームに帯同することに、明確に分けられている。

 若いF1ドライバーにとって、控えでいることを強制され、チームのガレージの隅に立っていることがどれだけ悔しいことか、他人にはとても想像できないだろう。

 しかしオコンにとって、チームの作業手順を観察し、クルーのコミュニケーションに耳を傾け、技術ブリーフィングに参加することは、決して時間の無駄ではない。

「メルセデスチームの一員でいることは、僕にとってとても良いことだよ」とオコンは語る。

「このチームはすごく成功していて、多くの知識がある。その知識はとても貴重なものだ」

「僕は多くのフィードバックを返し、チームのために作業をしている。今の僕の立場では、僕自身のパフォーマンスを上げることを必要とされていない」

「僕がやらなければならない唯一のことは、シミュレーターからチームが求めていることについて、適切な仕事をすることだ。今の時点で僕がやっているのはそういうことだ」

 シミュレーターで過ごした無数の時間を通して、オコンはメルセデスのW10の開発に貢献してきたが、この経験は彼自身の成長にとっても非常に有益なものだ。

「シミュレーターをドライブする時間から、僕は間違いなく多くの知識を吸収している」とオコンは認めている。

■シミュレーター作業のあとに現地チームと合流する理由

「そしてドライバーとしても、集中する助けになるんだ。1日のさまざまな時間帯に何時間も作業をする。200周以上を走る間に、コンマ1秒や2秒の違いを出そうとしている。とても大変だけど、役に立つし、自分のやっていることに満足している」

 オコンのシミュレーターでの走行距離は、1回のセッションでしばしば1000kmにもなる。

「チームの視点から、チームがドライバーに何を求めているのか理解する助けになるんだ」

「僕が最も深く学んだのはそうした側面だ。チームと多くの時間をともにし、ドライバーよりもチームの言うことの多くに耳を傾けている。僕は壁に張り付いてシミュレーターで作業をしているんだ」

「僕はドライバーよりチームの言うことをより多く聞いている。ドライバーからは35パーセントのことを聞いて、残りのすべてはチームの要望を聞く。彼らがドライバーから何を必要としているのか、また、物事へどうアプローチしたいのかも分かる」

 オコンのシミュレーター作業には、しばしばグランプリウイークの金曜夜の長時間のセッションも含まれる。

 フリー走行が終わると、ブラックリーのエンジニアはコースで仕事を終えた同僚からその日に蓄積されたすべてのデータを集め、土曜日に向けてマシンを改善し微調整するためにシミュレーターに投入する。

 オコンはその後荷物をまとめ、残りの週末は現地のチームに合流して過ごす。非常に疲弊するスケジュールだが、オコンはなぜ他でもなくこのようなやり方をするのかを説明している。

「コースにいなければ、人々に忘れられてしまうんだ」

「おそらくそれが僕が今年他のどこへもいかない理由の一部だ。僕の目標はF1に復帰することだ。僕にとって唯一の目標はF1に出ることなんだよ」

「もちろん、もし来年復帰できなかったら、何か別のことを検討することになるだろう。でもそれは今の目標ではない」

「それが毎レース僕が現場にいる理由でもある。僕はF1に、チームについていたい。誰も僕のことを忘れないようにね」

 オコンは、F1へ復帰するには、「スピードを出せるようになるまでに少し時間がかかる」かもしれないことを認めている。

「冬季テストをやれば十分だろう」とオコンは付け加えている。

「1年の間の変化はそれほど大きくないと思う。もし2年控えでいたら、大きな努力がいるだろうけどね」

 だが2年間控えでいることは、才能あるオコンの選択肢にはない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/25(日) 8:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事