ここから本文です

人波途切れず チームラボ展

8/25(日) 1:18配信

北國新聞社

 金沢21世紀美術館で開催中のデジタルアート展「チームラボ永遠の海に浮かぶ無常の花」(北國新聞社など主催)は24日、来場者が7万人を突破した。夏休みも終盤に入り、県内外から訪れた人でごった返し、会期中最多の6916人が入場した。9日に始まった会期は残すところ1週間、近未来的アートに刺激を求める人波が続いている。

 節目の来場者となったのは、兵庫県の甲南大テニスサークルの11人。富山での合宿中に写真共有アプリ「インスタグラム」で展示を知り、帰路に立ち寄った。無数の花が咲いては舞い散る「瞬間の美」を表現した作品に没頭したという池野聡一郎さん(21)は「語彙(ごい)力がないから言い表せないけど、とにかくすごい」と目を丸くし、加賀市に祖母が住む呉藤優太さん(20)は「おばあちゃんを誘ってもう一度来たい」と声を弾ませた。

 展示は9月1日までで、料金は大人(高校生以上)2200円、子ども1千円、3歳以下は無料。チケット(日付指定券)は館内のほか、セブン―イレブンやインターネットでも購入できる。会場で当日券も取り扱う。

北國新聞社

最終更新:8/25(日) 1:18
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事