ここから本文です

スーパーの格安な特売商品、それは特売用の美味しくない商品かも…働いてみて分かった仕入れ事情

8/25(日) 16:15配信

まいどなニュース

スーパーの広告の中でとりわけ大きく表示されている「特売」の文字と商品の写真。「安いやん!」と飛びつく前にちょっと待て。とある店舗の惣菜部門でアルバイトをしていた経験からいうと、それは特売のために仕入れた、別の商品かもしれない。

   ◇   ◇

織り込み広告を広げてみると、とりわけ大きな写真や文字で表示されている商品がある。集客を狙うため、とくに値段を安く設定する特売商品だ。仮称「港が見えるスーパー」の惣菜売り場でも、エビフライやコロッケがよく特売になった。だが、本当にお得なのか? というと、ちょっと疑問である。安い商品には、それなりの理由があるからだ。

「今日はエビフライ5尾で298円、パック売りか」

広告が入る週の半ばと週末は、出勤したら、まずは販売計画書に目を通して特売品を確認する。港が見えるスーパーでは、エビフライの定番は平台でバラ売り。1尾100円である。定番とは、値下げをしない平常の売り方を意味する業界用語だ。「5尾で298円、パック売り」というのは、この日はバラ売りをせず、5尾をパックに盛り付けて298円の値札を付けて売ることを意味する。単純計算で合計500円になる商品を298円で売るのだから、お客さんからすればずいぶんお得に見える。

ところが、揚がってきたエビフライを見ると、定番のエビフライより明らかにひとまわり小さい。パン粉も多めについているような気がする。

「これ、小さくない?」というより早く、揚げ物を担当するパートのおばちゃんが口を開いた。

「ちっちゃいなぁ、これ」

「特売用は、それやねん」

チーフが返す。

「なんや、定番より小さいんかいな」

おばちゃんが苦笑いする。

そう、定番で1尾100円のエビフライを5尾298円で売ったら、どう考えても赤字である。だから特売用に原価の安いエビフライを仕入れるのだ。ちなみに天ぷらは手作業で衣をつけて揚げるのだが、フライはすでにパン粉までついた半完成品を仕入れて、バックヤードでの作業は「揚げるだけ」となっている。

広告には「エビフライ5尾入り298円」と書いてあるだけで、定番が安くなるとは謳っていない。ウソはついていないという理屈だ。

海老といえば、海老の天ぷら(海老天)が飛ぶように売れる日がある。それが大晦日である。年越しそばの添え物用に、大晦日は海老天の特売日になる。港が見えるスーパーの予定販売本数はいつも3000本。揚げ物担当のおばちゃんが1人で揚げる。

「さすがはプロ、3000本を1人で!?」と驚かれるかもしれないが、これにはカラクリがある。「港が見えるスーパー」では、定番の海老天は、冷凍のブラックタイガーを前夜から自然解凍して、丁寧に衣をつけて揚げる。だから「天ぷらだけは、遠回りしてでも買いに来る」という、ありがたいお客さんがいてくれるのだ。

しかし3000本ともなると、手作業では追いつかない。ならば、どうするか? すでに揚げ調理された冷凍の海老天(業務用)を仕入れる。それを冷凍のまま、さっと真水にくぐらせて、160℃の油で揚げなおすのである。そうすると衣がカラっと仕上がって、いかにも揚げたてみたいな食感になる。これを1尾200円で売るのだ。

だが、しょせんは冷凍天ぷらの揚げなおしだから、あんまり美味しくない。揚げているおばちゃんも良心が痛んだのか、チーフに「こんな海老天、あかんわ」と文句を言っていた。

港が見えるスーパーの他部門で働くスタッフたちも、大晦日に売られる海老天の正体を知っているから、自分の店では買わない。水にくぐらせて揚げなおした冷凍海老天を、1尾200円も出して買うくらいなら、冷凍食品コーナーにある、レンジでチンするだけの海老天が美味しくて安上がりだ。


(まいどなニュース特約・平藤 清刀)

まいどなニュース

最終更新:8/25(日) 17:26
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事