ここから本文です

松前町議選 現職10人、新人4人が当選 投票率は過去最低58.36%

8/25(日) 22:52配信

愛媛新聞ONLINE

 任期満了に伴う愛媛県松前町議選(定数14)は25日、投開票され、現職10人、新人4人が当選した。2011年以来8年ぶりの選挙戦で、投票率は過去最低だった11年を7.50ポイント下回る58.36%だった。
 前回15年は無投票で、今回は現職12人、新人6人の計18人が立候補した。当選者の党派別内訳は公明1人、無所属13人で、共産は議席を失った。男女別は男性12人、女性2人。校区別では松前7人、北伊予4人、岡田3人。
 引退した現職の後継に当たる新人2人を含め、地区や大企業の推薦を受けた候補が地盤を生かし選挙戦を優位に戦った。3校区で最多の10人が出馬した松前校区では接戦が展開された。
 当日有権者数は2万5544人(男1万1937人、女1万3607人)。投票総数は1万4908票で、有効1万4740票、無効168票。期日前投票は5579票で11年より1054票増えた。

愛媛新聞社

最終更新:8/25(日) 22:52
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事