ここから本文です

(社説)JOC理事会―議論閉ざして失う信頼

8/26(月) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 時代の要請に逆行し、そうでなくても疑問や異論が出ている五輪への不信を深める措置だ。撤回を求める。
 日本オリンピック委員会(JOC)が、来月から理事会を全面非公開とすることを決めた。6月に会長に就任した山下泰裕氏が提案した。
 理事会は、選手強化策を含む事業計画や予算を承認し、業務執行にあたる重要な機関で、会長以下約30人で構成される。
 JOCは89年の発足以来、人事など一部の案件を除いて審議をメディアに公開してきた。今回の方針転換の理由を、山下氏は「(公開では)話せないことが多く、議論が低調だった。表には出せない情報も共有して話し合いたい」と説明する。…… 本文:1,017文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/26(月) 7:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事