ここから本文です

大迫、今季初ゴール実らず開幕連敗発進

8/26(月) 5:33配信

スポーツ報知

◆ドイツ ブンデスリーガ第2節(24日)

 【ジンスハイム(24日)=本田千尋】日本代表FW大迫勇也のブレーメンは、敵地でホッフェンハイムに2―3で敗れ、開幕から連敗スタートとなった。先発した大迫は1―2の後半36分に今季初得点をマーク。同41分に交代した。

 ブレーメン・大迫は今季初得点をマークした。前線の後ろのシャドーの位置で先発。1―2の後半32分に味方が退場して数的不利となったが、同36分に高い位置でボールを奪った味方からパスを受けると、DFを1人かわして右足を一閃(せん)。ゴール右隅に同点となるシュートを突き刺した。だが自身が交代した後の同42分に決勝点を許し、開幕から2連敗となった。

最終更新:8/26(月) 5:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事