ここから本文です

貴景勝が関脇降下、大関2人がかど番…秋場所番付発表

8/26(月) 9:13配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会は26日、秋場所(9月8日初日、両国国技館)の新番付を発表した。

 先場所、6度目の優勝を果たした鶴竜(34)=井筒=が東正位の横綱、白鵬(34)=宮城野=が西の横綱に就いた。

【写真】貴景勝の母の美貌にネット反響「さすが芦屋」「50歳超えと思えない」

 大関豪栄道(33)=境川=が昨年名古屋場所以来8度目、大関栃ノ心(31)=春日野=が春場所以来3度目のかど番。同場所で大関2人のかど番は昨年名古屋場所の豪栄道、高安(29)=田子ノ浦=以来。

 右膝負傷で先場所全休した貴景勝(23)=千賀ノ浦=が大関から関脇に降下。大関陥落は夏場所の栃ノ心以来。10勝すれば来場所、大関に復帰できる。

 関脇御嶽海(26)=出羽海=が16場所連続で三役キープ。昭和以降2位の記録で同1位は若の里の19場所連続。

 遠藤(28)=追手風=が8場所ぶり小結復帰。

 剣翔(28)=追手風=が追手風部屋からは現師匠が創設してから大翔鵬以来9人目の新入幕を果たした。東京都出身では英乃海以来30人目。日大出身では大奄美以来37人目。

 東龍(32)=玉ノ井=が14年秋場所以来、30場所ぶり幕内復帰。史上2位のスロー再入幕で同1位は里山の38場所ぶり。

 新十両は玉木改め朝玉勢(26)=高砂=と魁勝(24)=浅香山。

最終更新:8/26(月) 9:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事