ここから本文です

英ウィリアム王子、格安航空で女王訪問 弟との違い見せつけ

8/26(月) 16:04配信

ロイター

[ロンドン 23日 ロイター] - 環境保護を訴えるヘンリー王子夫妻が休暇に自家用ジェット機を利用していたことが批判されている英王室。兄のウィリアム王子夫妻は、祖母のエリザベス女王を訪問した際に英格安航空の「フライビー」を使用し、現地紙から評価された。

ウィリアム王子、キャサリン妃と子供らは、今年もスコットランドのバルモラル城で夏休みを過ごしている祖母のエリザベス女王を訪問する際、フライビーでアバディーン国際空港へ向かった。

現地紙はチケットが1枚73ポンド(約9400円)だったと報じ、王子が家族の荷物を機内へと運んでいる写真を掲載。大衆紙サンは1面で「ウィル(ウィリアム王子)の家族、ヘンリーに飛行機の乗り方教える」との見出しで報じた。

フライビーは声明で「ケンブリッジ公爵夫妻とその家族を、当社のフライトに再び迎えられて喜んでいる。夫妻らは今回、当社の運航を請け負っているイースタン航空のノーリッジ発アバディーン便を利用した」と説明した。

ウィリアム王子夫妻と子供らが住むケンジントン宮殿は、コメントを控えた。

最終更新:8/26(月) 16:04
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事