ここから本文です

【阪神】逆転負けで連勝5でストップ 矢野監督「投打ともに紙一重」

8/26(月) 0:54配信

スポーツ報知

◆ヤクルト5―1阪神(25日・神宮)

 阪神はヤクルトに逆転負けを喫し、連勝が5でストップした。

 3試合連続2ケタ安打と好調だった打線が、この日は8安打1得点に封じられた。先発のガルシアは今季最悪の6四死球を与え、5回途中5安打2失点。自身6連敗で8敗目となった。矢野監督は「投打ともに紙一重やと思う。チャンスを作ったけど、結果的に一本出ない。ドリスも守屋もガルシアもあと一歩のところを粘れたら全然違う試合になっていた」。ヤクルト戦の連勝も3で止まった。

 長期ロードは10勝10敗1分け。2年連続の勝率5割で終了した。CS圏内の3位・広島とは3ゲーム差。27日の中日戦から甲子園に戻っての戦いが再開する。

最終更新:8/28(水) 0:14
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(月) 14:35

あなたにおすすめの記事