ここから本文です

井上尚弥、拓真と初兄弟ダブル世界戦「自分の試合より緊張」WBSS決勝の11・7

8/26(月) 13:02配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」、「WBC世界バンタム級王座統一戦」(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が臨むWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)決勝と、弟でWBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真(23)=大橋=の王座統一戦が、同じ興行でダブル世界戦として行われることが26日、発表された。

 尚弥はWBSS決勝として世界5階級制覇王者でWBA世界バンタム級スーパー王者のノニト・ドニア(36)=フィリピン=と対戦する。拓真は同世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(33)=フランス=との王座統一戦に挑む。井上兄弟によるダブル世界戦は初となる。

 井上兄弟と、ドネアが出席した会見がこの日、都内で行われた。尚弥は「同じ興行に出ること自体が久々ですし、それに加えてダブル世界戦ということになりますと、自分の試合より緊張する試合が自分の前にあるというのは、すごく複雑な気持ちと、いてもたってもいられない気持ちになります」と心境を語った。その上で、「僕は拓真を信じて、自分を信じてダブル勝利していきたいと思っています」と誓った。

 拓真もかねて目標にしていた兄弟での世界戦興行が実現し、「今まで以上に楽しみもありますし、負けられない戦いになります」と決意を新たにした。

 尚弥は18戦18勝16KO、ニックネームは「モンスター」。WBSSは準々決勝を1回KO、準決勝を2回TKOと圧倒的な内容で勝ち進んできた。対戦するドネアは5階級制覇王者で、45戦40勝26KO5敗。

 拓真は18年12月30日にWBC世界バンタム級暫定王者を獲得し、今回が正規王者との統一戦となる。戦績は13戦13勝3KO。対戦するウーバーリは16戦16勝12KOで、7月6日に初防衛に成功している。

最終更新:8/26(月) 15:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事