ここから本文です

阿部詩が世界選手権2連覇!決勝は圧巻の一本勝ち

8/26(月) 21:04配信

デイリースポーツ

 「柔道・世界選手権」(26日、日本武道館)

 女子52キロ級決勝で、18年大会女王の阿部詩(19)=日体大=が2連覇を達成した。決勝ではクジュティナ(ロシア)を相手に開始から30秒かからず、圧巻の一本勝ちを決めた。

【写真】またも宿敵に…兄・一二三 敗れる

 阿部は初戦の2回戦は1分8秒、内股で技ありを奪い、1分36秒に隅落としで一本勝ち。3回戦は2分58秒、大外刈りで一本勝ちした。準々決勝は3分27秒、大内刈りで技ありを奪い、優勢勝ちした。

 準決勝はリオデジャネイロ五輪金メダリストのケルメンディ(コソボ)との延長にもつれる激闘を横四方固めで制した。

最終更新:8/26(月) 21:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事