ここから本文です

小学校で担任に「綺麗になれるわけない」と笑われ…17歳で整形、20歳で母になった女性の夢

8/26(月) 8:40配信

オリコン

■ネットで「全然変わってない」…今は整形顔より平均の顔になりたい子の方が多い

――では、整形は周りの方に勧めたいと思いますか?

【山田麗】どうだろう…みんな整形に期待し過ぎてると思うんですよね。それで「ここが気になる、ここも気になる」ってどんどん整形を繰り返しちゃう。だから依存するくらいならやらないで欲しい。

――理想を高くしすぎてしまうのが問題なのでしょうか。

【山田麗】うーん…今はいわゆる整形顔より普通の女の子になりたい子の方が多い気がします。自己肯定感が低い人とか、私はブスだって思ってる人だったら、整形して自分の思う平均の顔になりたいってだけ。それでも、整形することによって平均値がどんどん上がっていっちゃう子が依存になりやすいんだと思います。

――では、山田さんが依存しなかった理由はなんでしょうか?

【山田麗】オーディションが終わった後も、運営やクリニックの方にたくさん相談したんです。そうやって話を聞いてくれてる場が私にはあったので依存にならなかったんだと思います。なので今は自分がそうしてもらったように人にもしてあげたいって思っています。

――ご自身の経験を参考にしてほしいと。

【山田麗】はい。私の整形ってすごくナチュラルなんです。でも、整形シンデレラも2回目で注目されていたので「ぜんぜん変わってないじゃん」とかネットに書かれたりして。それってつまりみんなが思う整形顔のデフォルトがあると思うんですけど、「違うよ、こういう自然な整形もあるよ」って伝えたいです。

――ガラッと変わる事だけが整形とは言えないですね。

【山田麗】はい。私は自分の顔を生かしたまま、気になるところを整形したかっただけなので。もちろん最初は私も目を切開とかしたかったけど、未成年だったし先生にも止められました。でも今はそれでよかったなって思っています。こうやって一般的な女の子の顔になった私が発信していった方が伝わることもあると思うんですよね。

――実際に整形について発信などされているんですか?

【山田麗】私のSNSに匿名の方から整形の相談が沢山くるんです。相談を聞くのは好きなので、そういうカウンセラーのような活動がいずれできたらいいな。「整形した方がいいよ」ではなく、やりたいですって方に「じゃあこうしたらいいんじゃない?」って手助けができたらって思っています。

■整形してるし結婚していいのかな、子ども産んでいいのかなってずっと気にしてた

――そして今はお腹に赤ちゃんがいると伺いました。旦那様は山田さんの整形やタレント活動をどのように理解してくれていますか?

【山田麗】旦那さんとは整形後に知り合い、伝えた上でお付き合いをしていたので理解がすごくあると思います。母になる実感はまだ少しですが、家族が増えることがすごく嬉しい! 私、整形してるし結婚していいのかな、子ども産んでいいのかなってずっと気にしてたんです。でも「別に好きになったの顔じゃないから」って旦那さんに言われて。一番欲しかった言葉かもしれないです。

――お子さんにはいつか整形のことをお話しますか?

【山田麗】自ら子どもに話すと思いますし、もし子どもが整形したいって言っても止めません。自分はアルバイトして貯金してたけど…経済的にもちょっと手伝っちゃいそう(笑)。子どもが大きくなった時にはいい形で整形が普通な世の中になってそうですよね。

――では、これからどのように幸せになっていきたいですか?

【山田麗】昔は顔と自分のことしか考えられなかったですけど、今は人のことを考えられるようになりました。一番の内面の変化ですかね。ママにもなるし、これからは周りを幸せにできたらいいなと思います。

(インタビュー・文/岩崎香織)

2/2ページ

最終更新:8/28(水) 5:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事