ここから本文です

広く晴れるも九州は激しい雷雨のおそれ 関東甲信や東北も天気の急変に注意

8/26(月) 5:29配信

ウェザーマップ

 きょう26日(月)は晴れる所が多いが、前線に近い九州では雨で激しい雨や雷雨になる所がありそうだ。
 また、東日本や東北も大気の状態が不安定になるため、天気の急変に注意が必要となる。

九州は激しい雷雨のおそれ

 きょうは大陸から高気圧が進んでくるため、全国的には晴れる所が多くなる。ただ、九州付近には前線がかかるため、断続的に雨や雷雨となりそうだ。
 前線に向かって雨雲の素となる湿った空気が流れ込み、雨雲が発達がするおそれがある。局地的には激しい雨や雷雨となるため、注意が必要だ。

東日本・東北も不安定 天気の急変に注意

 また、東日本や東北も午後は大気の状態が不安定になることが予想される。上空の寒気や地上の気温上昇によって山沿いから雨雲がわきだし、特に関東の内陸部や甲信あたりでは、局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがある。
 土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水、落雷、突風などに注意が必要だ。

東海は猛暑日予想も 北日本は涼しく

 日中の気温は東海から西の地域はきのうより高い所が多く、岐阜や津では35℃以上の猛暑日となりそうだ。名古屋でも34℃まで上がる予想で、猛暑日に迫る暑さとなるため、熱中症に注意が必要となる。
 一方、関東から北ではきのうより気温は低めで、札幌の最高気温は21℃と9月終わり頃の涼しさとなる見通し。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8/26(月) 5:29
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事