ここから本文です

最先端の再生医療からホームケアまで!  発毛・育毛最前線

8/26(月) 7:02配信

LEON.JP

人には言えぬが、見ればわかるその悩み……。
気にする人にとっては、周囲が思うよりもずっと深刻である「薄毛」。「男性ホルモンが多いってことだから、男らしい証だよ」なんて根拠のない言葉を投げ掛けられても、何の慰めにもなりません。今や、AGA(男性型脱毛症)は病院で治療できる時代になりましたが、薬を使うとなると副作用なども気になってしまうところ。

やっぱり、できる限り薬に頼らず改善していきたいのが理想ですよね。そこで、育毛に定評のあるサロンが提案する最先端の施術や自宅で気軽にケアできるアイテムなどをご紹介。小さなことからコツコツと、さっそく今日から始めてみませんか?

最先端の再生医療から生まれた「幹細胞培養液」がスゴいらしい!

2005年に日本初のヘッドスパサロンとして頭皮ケア・育毛と真摯に向き合ってきた「リッツ」。2016年7月に導入して以来、着実にリピーターを増やし続けている注目の施術が、「幹細胞培養液導入新メディカルコース」です。その名前を聞くだけでも効きそうなのですが、一体どのような施術なのでしょう。

「健康な女性の脂肪から採取した細胞を培養して、その上澄みだけをすくったものが、『幹細胞培養液』。成長因子と言われているものです。分裂して同じ細胞を作ったり、分化して別の細胞になったりする能力があり、広く知られているものにIPS細胞などがあります。医院では、これとまったく同じ幹細胞培養液を注射やレーザーを使って頭皮に浸透させるのですが、当サロンでは独自の技術によって医療器具を使わずに効果的に浸透させていきます」と、リッツを運営するクー・コーポレーション代表の上田律子氏。

つまり、毛が成長するために必要な成分を、ダイレクトに頭皮に注入する、ということですね。これは効きそう!

「育毛には、コラーゲンが必須。毛を作る細胞が日々修復するときに酵素を必要とし、その際に毛根を支えているコラーゲンを消費すると言われています。つまりそのコラーゲンが枯渇すると、毛根が老化(縮小)してしまうのです。ですので、コラーゲンを補う目的で、施術の最後にLEDライトを照射しています」

コラーゲンは、お肌だけでなく毛にも欠かせないのです。

1/2ページ

最終更新:8/26(月) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事