ここから本文です

ビジネスホテルを拠点、犯行繰り返す特殊詐欺のかけ子グループか 詐欺未遂の疑い、男ら4人逮捕/県警

8/26(月) 7:18配信

埼玉新聞

 親族に成り済まして高齢者から現金をだまし取ろうとしたとして、埼玉県警捜査2課と川口署、蕨署、千葉県警の合同捜査本部は25日までに、詐欺未遂の疑いで、住居職業不詳のA(26)ら20代の男4人を逮捕し、さいたま地検に送検した。Aらは特殊詐欺のかけ子グループとして県内や都内のビジネスホテルを拠点に犯行を繰り返していたとみられ、県警は全容の解明を進める。

茶髪なので通報…自宅を訪れた詐欺犯に女性が違和感 駆け付けた警官が取り押さえ、容疑で逮捕/狭山署

 他に逮捕されたのは、東京都葛飾区堀切2丁目、無職のB(27)、山梨県笛吹市一宮町田中、無職のC(24)、住居不定、職業不詳のD(25)の3人。

 逮捕、送検容疑は7月3~5日、東京都府中市の無職女性(87)方に次男らを装い、「重要な書類や小切手が入ったかばんをなくした」「お金を融通してくれないか」「100万円でもいいから頼む」などと電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 同課によると、女性は金融機関を訪れ、現金100万円を用意していたが、その後に50代の次男から電話があって詐欺に気付き、警視庁に届け出た。

 県警が今年、特殊詐欺事件を捜査する中で、川口市内のビジネスホテルを拠点とした犯行グループが浮上。Aら4人は宿泊客としてホテルに数日間滞在し、この期間に府中市の女性に電話をかけていたとみられる。

 県警は22日午後、犯行グループが拠点としていた東京都豊島区内のビジネスホテルを摘発。家宅捜索を行い、スマートフォン10台、携帯電話8台、都内など約1万5千人の個人情報が記載された名簿、犯行マニュアル、小型シュレッダー、現金22万円などを押収した。現場にはAとBがおり、数日間滞在していたという。

 県警は押収した携帯電話や名簿の解析を進めるなどして余罪についても調べる。

最終更新:8/26(月) 7:54
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事