ここから本文です

グリーズマン 2点目のゴラッソは「メッシを真似てみたよ」

8/26(月) 8:53配信

SPORT.es

アントワーヌ・グリーズマンは、日曜日(日本時間26日)に最も幸せな男だった。バルサのシャツを着てのカンプ・ノウ初の公式戦で、フランス人ストライカーは2つの重要なゴールを記録し、チームを蘇らせた。

グリーズマンがレブロン流ゴールセレブレーションでファンの心を鷲掴み

同一戦の後、グリーズマンは『Movistar LaLiga』のマイクに「開幕戦で敗れた後、僕らは目標をクリアするために懸命に努力した。確かにまだ改善すべきことはたくさんあるが、僕らはさらに向上していく」と語った。

グリーズマンは自身の2ゴールに関しては、重要視することなくチームについて話し始めた。
「多くの怪我人がいる中で、チームが一歩前進したことにフォーカスしたい。僕らはチームのあるべき姿を示した。それがベストだ」

そして個人のプレーに関して、彼の2点目はまさにゴラッソだった。グリーズマンはこのシーンを振り返り、「レオ(・メッシ)が練習中によくあれをやるから彼を真似てみたよ」と茶目っ気たっぷりに答えている。

さらに、この後に見せた紙吹雪を撒き散らすゴールセレブレーションの真相について質問が飛ぶと、グリーズマンは「Made・in・NBA」のお祝いだと明かした。
「レブロン・ジェームズが試合前に行っていた儀式が好きで、彼を真似しようと思ったんだ」と語っている。

グリーズマンがバルサで多くのゴールを決め、たくさんのセレブレーションを披露することは、チーム・個人にとっても最良の事となる。

SPORT

最終更新:8/26(月) 8:53
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事