ここから本文です

ユーヴェのデ・リフト 自身も驚きの開幕ベンチスタート「予想していなかった」

8/26(月) 12:21配信

SPORT.es

今夏の移籍マーケットにおいて移籍金8,550万ユーロ(約100億円)でユヴェントスに加入したマタイス・デ・リフトだが、セリエA開幕戦となるパルマ戦では、ペンチ要員となっている。

ユヴェントス、デ・リフトの出来にショック!? 同年代MFには翻弄される

オランダメディア『AD』のインタビューに応えたデ・リフトは、「もちろん先発でプレーできることを望むし、トレーニングではそのような雰囲気はなかったから、控えになることは予想していなかった」と語っている。

パルマ戦に出場することはなかったデ・リフトは、監督マウリツィオ・サッリの判断に驚かされたと明かしている。

ただ、「監督の判断には敬意を払う。自分は現実的になる必要がある。まだイタリアでの新たな環境に順応している段階である。レオナルド・ボヌッチ、ジョルジオ・キエッリーニは、長い間フットボール界最高のセンターバックコンビとされてきた」と述べている。

また、「今シーズン、ポジションを勝ち取らなければならない。フィジカルレベルという点で最初の5週間は、大変だったが、自分でもコンディションは上がってきていると感じている」とも説明している。

さらに、デ・リフトは、「ディフェンス面において、アヤックスで要求されていた事とユヴェントスで要求されている事に大きな違いはない。監督は、動きを予測することを僕らに求めている」と口にしている。

SPORT

最終更新:8/26(月) 12:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事