ここから本文です

ベティス戦活躍のグリーズマン、2点目のシュート&パフォーマンスは「メッシとレブロン・ジェームズを真似た」

8/26(月) 7:47配信

GOAL

25日のリーガ・エスパニョーラ第2節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのベティス戦を5-2で制した。この試合で2点を決めたFWアントワーヌ・グリーズマンは、FWルイス・スアレスやFWリオネル・メッシがいない中で、今季初勝利を飾った重要性を説いている。

今夏もビッグディール続々成立!欧州主要ビッグクラブ獲得・放出選手まとめ

開幕節アスレティック・ビルバオ戦を0-1で落とし、メッシら不在の中でベティス戦に臨んだバルセロナ。ベティスに先制を許す厳しい展開となったが、その後にグリーズマンが2点を決めてスコアをひっくり返し、結局は大量得点で試合を終えた。

試合後、スペイン『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューに応じたグリーズマンは、この勝利について次のように語っている。

「敗戦した後には様々なことが言われるものなんだ。そして今週、僕たちはハードに練習に取り組んだ。ビルバオで起こったことから大きな意欲を抱えていたし、今日は素晴らしいパフォーマンスを見せられたね。確かに、改善すべきこともあるけど、この道を進み続けなければならない」

「重要な選手が不在だったけど、何よりもチームとして一歩を踏んだことを強調したい。僕たちはチームであることを示した。それこそが最も素晴らしいんだ」

グリーズマンの2ゴール目は、まさにゴラッソ。ペナルティーエリア内右に入り込むや否や左足を一閃し、鋭く曲がるボールが枠内左に収まった。選手本人はこのシュートを、メッシから学んだものと説明した。

「練習でレオがそうやっているのを見た。それを真似てみたよ」

その2ゴール目を決めた際には、コーナフラッグ付近で自ら紙吹雪を振りまくゴールパフォーマンスを見せたが、これは大好きなNBAから模したものであったという。

「レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ所属の選手)が試合前にいつもやっている儀式が好きなんだ。だから真似てみたよ」

最終更新:8/26(月) 7:47
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事