ここから本文です

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「馬と鹿」が首位 ダイエット動画が話題の「ハンドクラップ」が初のトップ10内に

8/26(月) 9:50配信

Billboard JAPAN

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は米津玄師「馬と鹿」が首位を獲得した。

 本作は、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌だ。9月11日のCD発売に先駆けて、8月12日より先行配信がスタート。17.2万ダウンロードで2位以下を大きく引き離し1位に、Twitterでも18位を獲得した。また、「Lemon」のダウンロード数も再浮上という動きを見せている。

 続く2位は4週連続で首位を獲得していたRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」。人気はまだまだ続いており、ダウンロード数、ツイート数は落ち着きを見せているが、動画再生数はポイントが再浮上するという動きを見せている。なお、本楽曲が主題歌に起用されている映画『天気の子』は封切りから34日目に興行収入100億円を突破。日本映画としては、本映画を手がけている新海誠監督の前作となる『君の名は。』以来3年ぶりに100億円突破という記録を達成している。そしてサザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」がダウンロード3位、ツイート51位に。サザンオールスターズ40周年記念ツアーで初披露された楽曲で、8月12日に配信リリースされている。

 また、フィッツ & ザ・タントラムズ「ハンドクラップ」が動画2位で本チャートで初のトップ10内に。フィッツ & ザ・タントラムズは2008年に結成し、ロサンゼルスを拠点に活動する6人組バンドだ。「ハンドクラップ」は2016年にリリースされた曲だが、本楽曲を使用したダイエット動画が韓国で公開され話題に。同楽曲を使用した動画が他にも公開されるなどし、7月頃からYouTube順で100位以内に入り始めていた。そして、さらにTikTokでも同楽曲を使用した動画が数多くアップされるなど話題となり、8月に入ってから動画再生順で19位→12位→8位そして今週2位とじわじわチャートを上昇している。

◎今週のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2019年8月26日付)
1位「馬と鹿」米津玄師
2位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS
3位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
4位「Lemon」米津玄師
5位「Pretender」Official髭男dism
6位「パプリカ」米津玄師
7位「愛はスローにちょっとずつ」サザンオールスターズ
8位「宿命」Official髭男dism
9位「マリーゴールド」あいみょん
10位「ハンドクラップ」フィッツ & ザ・タントラムズ

最終更新:8/26(月) 9:50
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事