ここから本文です

BLACKPINK、米レコード協会によって「DDU-DU DDU-DU」がゴールド認定 K-POPガールズ・グループとして初の快挙

8/26(月) 12:25配信

Billboard JAPAN

 BLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」が、米レコード協会(RIAA)によりゴールド認定され、K-POPガールズ・グループとして初の快挙を成し遂げることとなった。

 2018年6月15日にリリースされ、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で最高位55位(6月30日付)をマークした「DDU-DU DDU-DU」は、現地時間8月15日までに50万ユニットを獲得し、ゴールド認定された。

 RIAAが決める1ユニットはデジタル・シングル1枚、または150回のオンデマンド・オーディオおよび/またはビデオ・ストリーミングに相当する。RIAAは2016年2月1日からゴールド&プラチナ・アワード・プログラムを見直し、純粋なセールスのみの認証プロセスからトラックやストリーミングも含むものに改訂した。

 韓国のガールズ・グループとしてRIAAに認定されるのは彼女たちが初めてで、韓国のアーティストとしてはPSYやBTSらが過去に認定を受けている。

 今年4月に発売されたBLACKPINKによる最新シングル「KILL THIS LOVE」は、“Hot 100”にて最高位41位を獲得した。彼女たちは9月21日に韓国・ソウルのオリンピック公園内オリンピックホールにて【2019 Private Stage】と題された公演を2回行う予定となっている。

 なお、「DDU-DU DDU-DU」のミュージック・ビデオは現在までに9.3億回再生されており、数か月以内にK-POPグループによるMVとして10億回再生された初の作品になることが予想されている。

最終更新:8/26(月) 12:25
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事