ここから本文です

好景気の時代はクルマもバカ売れ! イケイケのバブル期に登場した国産アッパーサルーン4選

8/26(月) 6:10配信

くるまのニュース

3ナンバーの高級サルーンが続々と登場、抜群の人気を誇ったバブル時代

 1988年ごろから1992年ごろまで続いた好景気を、俗に「バブル景気」といいます。

30年前のバブル期、イケイケだったあの時代に登場した国産高級サルーンを写真で見る(20枚)

 業績好調の国産自動車メーカーは、世界のクルマに追いつけ追い越せとばかりに、ニューモデルの開発に費用を惜しみなく投資しました。その結果、1980年代前半までの日本車とはまるで比べものにならないくらいクオリティの高いモデルを次々と生み出しました。

 これらは日本市場だけでなく、世界の市場でもヒットしたモデルもありました。高級車市場といえば、当時からメルセデス・ベンツやBMWなどのドイツブランドが席巻していましたが、とくに北米市場で日本車のブランド認知が高まるきっかけになったのも、バブル時代に開発されたさまざまなモデルのおかげです。

 今回は、そんなバブル時代に登場した、国産高級サルーンを紹介します。

●日産「シーマ」(初代、1988年発売)

 日産の初代「シーマ」は、Y31型「セドリック/グロリア(Y31型)」と同じプラットフォームを使用した、3ナンバー専用ボディを持つ4ドアハードトップサルーンです。

 当時はマークII 3兄弟と呼ばれたトヨタ「マークII/クレスタ/チェイサー」など、いわゆるハイソカーと呼ばれるモデルがブームになっていました。

 そうした時代の流れのなか、3ナンバー専用のワイドボディを持つ高級車として登場したのが、初代シーマです。全長4890mm×全幅1790mm×全高1380mmと堂々たるスリーサイズでした。

 エンジンは3リッターV型6気筒。自然吸気の「VG30DE」型とターボの「VE30DET」型の2機種を設定。自然吸気は200馬力、ターボは255馬力を発生していました。

 シーマは、一番安いグレードでも383万5000円、最上級グレードでは500万円を超えるモデルでしたが、時代の流れに乗り大ヒット。「シーマ現象」と呼ばれるブームを巻き起こしました。バブル期を代表する高級サルーンとして知られています。

 シーマは、1991年8月に2代目へフルモデルチェンジされました。ただしバブル景気の崩壊によるその後の不景気などもあり、2代目シーマは初代ほどヒットしませんでした。

 しかしシーマは日産を代表する高級サルーンとして、その後も代を重ねていきます。現在販売されているシーマは、2012年に発売が開始された5代目モデルです。

●三菱「ディアマンテ」(初代・1990年発売)

1/3ページ

最終更新:8/26(月) 13:11
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事