ここから本文です

トヨタWRC優勝! 2017年の復帰後初の表彰台を独占!

8/26(月) 11:00配信

くるまのニュース

 2019年8月25日、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイチェランドの競技最終日がドイツ西南部のボスタルジーを中心におこなわれました。

表彰台を独占したWRC第10戦の様子を見る!

 激戦の末、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC #8号車)が勝利の栄光に輝いています。

 総合2位には、同チームのクリス・ミーク/セブ・マーシャル組(#5号車)となり、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(#10号車)が総合3位でフィニッシュとなったため、トヨタは1位から3位の表彰台を24年ぶりに独占するという快挙を成し遂げたほか、2017年のWRC復帰以来初となる1-2-3フィニッシュを達成しました。

 タナックは、ラリー・ドイチェランド三連覇を飾り、今シーズン5勝目。ドライバー選手権首位の座を守り、2位の選手に対するリードを33ポイントに拡大します。

 また、ミークがチーム加入後初めて表彰台に立ち2位となった結果、チームは最大のマニュファクチャラーポイントを獲得。マニュファクチャラー選手権2位の座を維持し、トップのチームとの差を8ポイントに縮めました。

 なお、単一のマニュファクチャラーが表彰台を独占したのは、2015年のラリー・ドイチェランド以来4年ぶり。優勝した前戦フィンランドは、チームにとってホームイベントでしたが、ドイツもまたヤリスWRCのエンジン開発を手がけるTMG(トヨタモータースポーツGmbH)の所在地であり、2戦連続でホームイベントに錦を飾る結果となります。

 また、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、今回初めてヤリスWRCでWRCに出場した勝田 貴元/ダニエル・バリット組(#17号車)は、最終日も安定した走りでヤリスWRCをフィニッシュに導き、初出場のラリー・ドイチェランドを総合10位で走破しました。

 チーム総代表の豊田章男氏(トヨタ自動車社長)は、次のようにコメントを発表しています。

「TOYOTA GAZOO Racing WRTの6人が揃ってドイツの表彰台に立ちました。最高の光景です! 本当は、その真横に立って、ベトベトになりながらその光景の一部になりたかった…。でも、今日は最高の気分です!

 そして、勝田 貴元がヤリスでWRCを走りきりました。これも私が見たいと願ってきた光景でした。ただ、本当に見たい光景は、TOYOTA GAZOO Racing WRTのウェアを着た彼が表彰台に立つ姿です。でも、今日は最高の気分です!

 私をこんな気分にさせてくれたドライバー、コ・ドライバー達、トミ・マキネン、チームメンバー、そして一緒に喜んでいただいたファンの皆さま。本当にありがとうございました。

 オィットとマルティン、2連勝、そしてヤリスWRCのエンジンの故郷ドイツでも勝ってくれて本当にありがとう! クリスとヤリ-マティはラリー中のインタビューで『チームのために走る!走り切ってマニュファクチャラーポイントを獲る!』といい続けてくれていました。

『誰よりも速く走りたい』という、ドライバーなら当たり前の気持ちをコントロールし、チームのために走ってくれていたこと、心から感謝しています。

 本当に良いチームです。残り4戦、このチームで、このまま走りきりましょう! そして、もっと“最高の光景”をファンの皆さまに見てもらえるように引き続き頑張りましょう! ファンの皆さまも、応援よろしくお願いいたします」

くるまのニュース編集部

最終更新:8/26(月) 12:30
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事