ここから本文です

新生ミラン、ウディネーゼに枠内シュート0で低調黒星スタート《セリエA》

8/26(月) 3:01配信

超WORLDサッカー!

ミランは25日、セリエA開幕節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。

昨季はチャンピオンズリーグ出場権獲得をあと一歩のところで逃し、ガットゥーゾ監督を事実上解任したミランは、サンプドリアで実績を残していたジャンパオロ監督を招へい。FFP問題により目立った補強ができなかった中、昨季の主力がスタメンに名を連ねた。

昨季残留争いに巻き込まれたウディネーゼに対し、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだミランは2トップにピョンテクとカスティジェホ、トップ下にスソ、中盤アンカーにチャルハノールを据えた。

そのミランが押し込む流れで立ち上がっていくも、自陣に引くウディネーゼを崩せずシュートチャンスを生み出すことができない。結局、互いにシュートに持ち込めない静かな前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半、前に出てきたウディネーゼに対し、引き続き攻撃の形を作れないミランだったが60分、パケタがミドルシュートでゴールの可能性を感じさせた。

しかし、その後も膠着状態が続いた中72分、ウディネーゼに押し切られる。右CKからベカンのヘディングシュートが決まってしまった。

追う展開となったミランはレオンとベナセルの両新戦力を投入。だが、終盤にかけてもチャンスは作れずに0-1で敗戦。枠内シュート0の低調な内容で黒星スタートとなった。

超WORLDサッカー!

最終更新:8/26(月) 12:07
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事