ここから本文です

冨安が右SBで上々のデビュー! ボローニャは10人のヴェローナにドロー《セリエA》

8/26(月) 5:48配信

超WORLDサッカー!

ボローニャは25日、セリエA開幕節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

今夏、シント=トロイデンから加入した冨安が開幕スタメンを飾り、右サイドバックでの起用となった。

1年でセリエAに復帰した昇格組のヴェローナに対し、セリエAデビュー戦の冨安が落ち着いて試合に入った試合は、13分に動きを見せる。ロングボールに抜け出したオルソリーニがボックス右に侵入したところでダビドビッツに倒されてPKを獲得。ダビドビッツは一発退場となり、PKをサンソーネが決めてボローニャが先制した。

25分にもソリアーノがボックス右から決定的なシュートを浴びせたヴェローナは、29分にはパラシオがミドルシュートで追加点に迫った。

しかし37分、ヴェローナに1チャンスで追いつかれる。ボックス手前右で許したFKをヴェローゾに直接沈められた。

迎えた後半、数的優位のボローニャが引き続き押し込む流れで推移し、冨安も高い位置を取って攻撃に厚みを加えていく。

なかなかヴェローナの守備を攻略できない中、69分にようやくボローニャに勝ち越しのチャンス。右CKからサンタンデールが際どいヘディングシュートを浴びせた。

しかし、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに1-1で終了。冨安が攻守に安定したパフォーマンスを見せる上々のデビューを飾ったものの、ボローニャは数的優位を生かせず、勝ち点1獲得に留まった。

超WORLDサッカー!

最終更新:8/26(月) 12:25
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事