ここから本文です

【MLB】捕った本人もびっくり! 太陽で打球見失いながらの超絶捕球にファン「本当ラッキー」

8/26(月) 7:50配信

Full-Count

アスレチックスのピスコッティが25日のジャイアンツ戦で驚きのキャッチ

■ジャイアンツ 10-5 アスレチックス(日本時間25日・オークランド)

 屋外球場で行われるデーゲームで、野手にとって大きな“敵”となるのが太陽だ。飛球を捕球する際に視界に太陽が入り、ボールを見失うなどのミスに繋がることがある。選手たちはサングラスをかけるなどの対策を講じている。

【動画】捕った本人もびっくり! ピスコッティが太陽で打球見失いながら超絶捕球をした実際の映像

 そうした不運は百戦錬磨のメジャーリーガーにも時として襲いかかることがある。24日(日本時間25日)にオークランドで行われたアスレチックス対ジャイアンツの一戦では、アスレチックスのスティーブン・ピスコッティ外野手が、太陽が視界に入ってボールを見失うアクシデントに見舞われた。

 1回2死走者なしでジャイアンツのポージーが放った打球は痛烈なライナーとなって飛んだ。打球を追ったピスコッティ。捕球体勢に入ろうとした時、太陽が目に入ってボールを見失って思わず顔を逸らした。後逸か、と思われた次の瞬間、差し出した左手のグラブに打球が飛び込んだ。

 ボールを見失いながら、まさかの好捕。取ったピスコッティも驚きの表情を浮かべると、マウンド上のバシットも両手を掲げて驚きを隠せない様子。このプレーを、MLBの公式インスタグラムも「太陽が出ているときは、グラブも出してみて」として動画で紹介すると、ファンも驚きのコメントを寄せた。

「これはキャッチ・オブ・ザ・イヤーになるべき」

「ピスコッティ、ナイスだ」

「投手の反応が最高」

「キャッチ・オブ・ザ・イヤーだね。いや、(キャッチ・オブ・ザ・)センチュリーかも」

「これは本当にラッキーだったね」

「なんてキャッチなの」

「これはすごい」

「オークランドにカジノがあれば、(ラッキーなので)行ったほうがいい」

「僕が同じことすると上手く行かない」

「運が良かっただけだ」

「ワォ」

 決して狙ったわけではないであろうスーパーキャッチ。試合を中継していた「NBCスポーツカリフォルニア」で解説したレイ・フォシー氏も「冗談でしょう! やはり、いいことは良い人に起こるということです」と驚いていた。

Full-Count編集部

最終更新:8/26(月) 7:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(土) 21:15

あなたにおすすめの記事