ここから本文です

遠藤「茶漬け食べ大きく」、炎鵬「ワクワクする相撲を」 都内でトークショー

8/26(月) 1:43配信

北國新聞社

 大相撲の遠藤(穴水町出身、追手風部屋、金沢学院高OB)と炎鵬(金沢市出身、宮城野部屋、金沢学院大OB)は25日、東京・丸の内の日本郵便の商業施設「KITTE」でトークショーに臨んだ。秋場所(9月8日初日・両国国技館)への抱負を問われ、遠藤は「自分らしい相撲を取る」、炎鵬は「ワクワク、ドキドキしてもらえる相撲を取りたい」と力を込めた。

 トークショーは夏巡業の一環で、会場に特設された土俵の上に遠藤と炎鵬の2人が並んで座って、観客らの質問に答えた。

 子供から「お相撲さんはどうして体が大きいの?」と聞かれると、遠藤は「食って寝てるから」と場を和ませ、関取最軽量の炎鵬は面はゆそうに「僕、大きくないので…」と回答。「大きくなるために何を食べたらいいか」の問いには、遠藤は「(自身がテレビCMに出演する)永谷園のお茶漬け」と即座に答え、会場の笑いを誘った。

 休日の過ごし方について、炎鵬は「食べ歩き。1人でおいしいもの探しをしている」と紹介。遠藤は「朝、ゆっくり寝ている」と語った。心に残った手紙はとの質問に、炎鵬は90歳ぐらいの女性から「いつも力をもらっています」と書かれたファンレターをもらって感激したと話した。

北國新聞社

最終更新:8/26(月) 1:43
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事