ここから本文です

グリエーズマン鮮烈2発…からの紙吹雪パフォ!! メッシ&スアレス不在のバルセロナが今季初勝利

8/26(月) 5:53配信

ゲキサカ

[8.25 リーガ・エスパニョーラ第2節 バルセロナ5-2ベティス]

 リーガ・エスパニョーラは25日、第2節を各地で行い、バルセロナがベティスを5-2で破った。開幕節で敗れた2連覇王者は今季初勝利。前半に先制点を献上するなどやや苦しんだが、FWアントワーヌ・グリエーズマンがホームデビュー戦で逆転の2ゴールを挙げ、新戦力の活躍が勝利を導いた。

 開幕節のビルバオ戦(●0-1)に敗れ、11年ぶりに開幕黒星発進となったバルセロナ。FWリオネル・メッシの負傷が癒えず、新たにFWルイス・スアレス、FWウスマン・デンベレも離脱した中、前節から先発3人を入れ替えてMFセルヒオ・ブスケツ、FWラフィーニャ、FWカルレス・ペレスを新たに送り込んだ。

 立ち上がりから一方的に主導権を握ったバルセロナだったが、先に試合を動かしたのはアウェーのベティス。前半15分、ブスケツの横パスを奪ったMFセルヒオ・カナレスがカウンターをスタートし、FWロレンソ・モロンのスルーパスを受けたMFナビル・フェキルが冷静に流し込んだ。

 その後もラフィーニャが決定機を逃すなど、なかなか優勢を活かせないバルセロナ。それでも前半42分、右ハーフスペースでパスを受けたMFセルジ・ロベルトが浮き球パスをゴール前に送ると、絶妙のタイミングで反応したグリエーズマンが左足ボレーで叩き込み、移籍後初ゴールがチームを救う同点弾となった。

 すると後半はバルセロナがゴールラッシュを披露した。まずは5分、S・ロベルトとのパス交換でエリア右を攻めたグリエーズマンが左足コントロールショットで逆転に成功。広報スタッフからキラキラの紙吹雪を受け取ってバラまくという派手なゴールセレブレーションを見せた新戦力には、スタンドで見守ったメッシとスアレスも笑顔で祝福した。

 さらに後半11分、DFネウソン・セメドのパスからC・ペレスが左に持ち出し、GKの動きをよく見た左足シュートで3点目。今季からトップチームに昇格した21歳はリーガ出場2試合目でトップチーム初ゴールとなった。15分にはブスケツのスルーパスからDFジョルディ・アルバが決め、リードを3点に広げた。

 そしてバルセロナは後半32分、右サイドからカットインしたC・ペレスが斜めのパスを左サイドに送り、ペナルティエリア内からグリエーズマンが折り返すと、これを途中出場MFアルトゥーロ・ビダルがダイレクトで決めて5-1。直後、C・ペレスに代わってFWアンス・ファティがピッチに送り込まれた。

 ファティは1941-42シーズンにつくられた最年少記録に迫る年少2位の16歳300日でのトップチームデビュー。苦しい展開となったベティスだったが後半34分、ベティスはモロンがGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンもほとんど反応できない強烈なミドルシュートを叩き込んで1点を返した。

 しかし、バルセロナは昨季までベティスに所属していたDFジュニオール・フィルポを入れるなど、最後まで攻撃姿勢を緩めず、後半40分にはファティに惜しいシュートも。そのままスコアは動かず、バルセロナが今季初白星を収めた。

最終更新:8/26(月) 13:13
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事