ここから本文です

3カ月で3倍以上に値上がりも 仮想通貨が再び盛り上がる

8/27(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【お金の学校】仮想通貨編 #1

 仮想通貨(暗号通貨)のビットコインが再び盛り上がっている。2017年に相場が急上昇し、年末に230万円程度まで値上がりしたものの、年明けに交換業者の「コインチェック」で流出事件が発生して急落。今年3月までは40万円程度で推移していたが、その後に再び上昇。6月下旬には150万円に迫った。たった3カ月で3倍以上に値上がりしたことになる。

 その背景には、フェイスブックが20年にデジタル通貨「リブラ」を発行する計画を公表したことや米中貿易戦争でビットコインが資金の逃避先になっているなど、さまざまな要因があるといわれている。問題は今後も価格が上昇するかどうか。

 相場の予測は不可能だが、今後、仮想通貨の取引が活発になると考えられる材料はいくつかある。今年3月には三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクを含む大手19社が出資する「ディーカレット」が交換業者として登録した。ビットコインをはじめとする5種類の仮想通貨の取引が可能で仮想通貨同士の売買もできる。大手の参入で安心感が増せば取引を始める人も多くなるだろう。

 また、みずほ銀行は3月にデジタル通貨「Jコインペイ」のサービスを開始、三菱UFJフィナンシャル・グループも「デジタル通貨を今年後半に実用化する」としている。デジタル通貨で買い物の支払いができるようになれば、仮想通貨に興味を持つ層の裾野が広がると予想できる。

 では、仮想通貨を売買するにはどうすればいいか。交換業者には「取引所」と「販売所」があり、どちらかに口座を開設して売買することになる。取引所は買いたい人と売りたい人をマッチングさせて売買を成立させる。証券会社で株式を売買するようなイメージだ。販売所は、売値と買値を提示しており、売買を希望する人は販売所と取引する。一般的には取引所のほうが売買コストは安いというメリットがある。

 また、仮想通貨は世界中に2000種類以上あるといわれる。ただ、価値の規模を示す時価総額を見ると、ビットコインがダントツでほかを圧倒している。まずはビットコインで仮想通貨の取引に慣れるのが無難だろう。価格変動が大きく1週間で20%程度の値動きをすることもあるのでご注意を。

(経済ジャーナリスト・向山勇)

最終更新:8/27(火) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事