ここから本文です

70歳以上のサプリ支出、30歳未満の約9倍

8/27(火) 14:36配信

健康産業速報

 総務省統計局がまとめた「家計簿からみたファミリーライフ」によると、サプリメント支出最多は70歳以上で、支出額は30歳未満の約9倍に上ることがわかった。

 冊子では2人以上世帯の消費支出について、2014年以降、5年連続の実質減になったことを指摘。世帯主の年代別にみた支出動向として、60代でフィットネスクラブなど「スポーツ施設使用料」、70歳以上で青汁やローヤルゼリーなど「健康保持用摂取品」の支出が多いことを取り上げた。

 年間サプリ支出は世帯主の年齢とともに増加。最も少ないのは30歳未満で2691円となっており、消費支出256万円に占める割合は0.1%にとどまる。最も多い70歳以上は2万3559円で、30歳未満の8.8倍。70歳以上の消費支出284万円に占めるサプリ支出の割合は0.8%で、年代別では最も高くなっている。

最終更新:8/27(火) 14:36
健康産業速報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事