ここから本文です

視聴時間はユーザーが設定!? プロ野球動画は“自分だけのハイライト”を作れる時代へ

8/27(火) 7:25配信

Full-Count

東京大学・矢谷浩司氏が明かす、ダイジェスト動画の視聴時間をユーザー側で自由に設定できる?

 日ごろから野球の試合を視聴している方なら、5回裏終了時や試合終了後に流れるハイライトを目にすることはよくあるはずだ。得点シーンやファインプレー、注目選手の投球や打席といった、ファンの需要を満たす要素を盛り込み、3~5分程度にまとめるダイジェスト動画は、試合を見逃したファンにとっては非常にありがたいものだ。

【画像】ホークス和田と阪神鳥谷がお互いの肩に手を回し、カメラに向かって笑顔…ファンも「ステキ」「最高」と喜んだ貴重な2ショット写真

 事実、「パーソル パ・リーグTV」におけるダイジェスト動画の視聴者数は、試合全体を放送するライブ中継よりも多くなっている。しかし、これまでダイジェスト映像の内容は配信メディアが見せたいものを中心に編集されており、動画時間も配信側が決めていた。通勤時間が10分の人は10分で、1駅の人は2分で……と、個々のユーザーに合わせた視聴時間を設定できれば、視聴者数のさらなる増加につながる可能性も高いのではないだろうか。

 そこで、「パーソル パ・リーグTV」を運営するパシフィックリーグマーケティング株式会社は、東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻矢谷研究室(インタラクティブ・インテリジェント・システム・ラボ)とタッグを組み、ダイジェスト動画の時間を視聴者側が自由に設定できるシステムの共同研究を開始した。

 今回は、このプロジェクトを担当する、東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻・准教授の矢谷浩司氏に対して行ったインタビューに基づき、研究の目的や展望について紹介していきたい。

 矢谷氏の専門は“ヒューマン・コンピュータ・インタラクション”。「人とコンピュータの関わり方」を研究する分野だ。「技術でできることを人に還元する、人が思っていることと、技術ができることの間のギャップをどうやって埋めるか」というテーマに取り組む矢谷氏は、自身の研究領域について次のように説明している。

「人がやらなくてもいいことをできる限りシステムや技術に任せて、本当に人がやっていて楽しいこと、価値があると自分が信じるもの、人が成長できるようなもののために時間を使えるような社会を実現する技術基盤の構築に貢献したいと思っています」

1/3ページ

最終更新:8/27(火) 14:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事