ここから本文です

障害者900人が職場で虐待被害 厚労省まとめ、最多時より3割減

8/28(水) 17:07配信

共同通信

 職場で雇用主や上司から虐待された障害者が、2018年度は541事業所で900人だったことが28日、厚生労働省のまとめで分かった。人数は過去最多だった17年度に比べて31.2%減少した。厚労省は「障害者への対応についてハローワークで企業側に丁寧に説明してきたことが奏功している」と分析している。

 虐待の種類別(一部重複)では、最低賃金を下回る額で働かせるなどの経済的虐待が791人で最も多かった。暴言などの心理的虐待92人、暴行や拘束などの身体的虐待42人が続いた。

 具体例としては、上司から殴られたり「給料泥棒」などの暴言を受けたりしたケースがあった。

最終更新:8/28(水) 18:48
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事