ここから本文です

家をハッピーな場所にする4つの方法

8/28(水) 20:51配信

ELLE ONLINE

心身の健康への第一歩は自宅から

英国のホームセンターチェーンであるB&Qの親会社、キングフィッシャーとハピネスリサーチ研究所が、自宅と幸福度の関連性を模索すべく共同で実施した『グッドホームリポート』。ヨーロッパ全域における13,000人以上の回答者に加え、心理学、社会科学、都市計画、建築分野における専門家から導き出された結果を見たら、あなたはきっと驚くはず。

まずは、数字の話から

家をハッピーにすることがどれほど重要であるかを理解するため、統計に注目してみよう。まず、このリポートによれば、私たちが自分の全体的な幸福度を項目ごとに数値化するとなると、自宅は全体の15%を占めるという結果に。

この数字はなんと、全般的な健康とフィットネス(14%)、給料(6%)、職業の選択(3%)よりも高い。家の存在はこれほどまでに重要度が高いのだ。

ハッピーホームはハッピーライフの鍵

勇気づけられるのは、我が家に満足している人の73%は人生でも幸せを感じているという事実。とはいうものの、本調査に参加したイギリス人回答者のうち、4分の3近くしか自宅に満足していないということを踏まえると、何らかの基準をベースに考えることにより、この点をより深く理解できるかもしれない。

実は、多くの人の想像とは裏腹に、マイホームの有無、同居人の数、都会か田舎暮らしかという大きな要素は、必ずしも幸福度を高めるものではないという。むしろ、幸福度をアップするのは規模の小さい選択だというから興味深い。

1.自宅への誇り

私たちに大きな衝撃を与えた数字は何だと思う? それは、自宅に対する幸福度という点において、誇りが44%を占めるということ。なぜかって? 私たちが生活する拠点は、私たち自身を反映する場所であるから。

「自宅スペースには私たちの人生、性格、これまで訪れた場所などが集結しています」と解説するのは、バークレー大学建築環境センター空間心理学長を務めるリンゼイ・グラハムさん。

では、自宅に対してもっと誇りを高める方法とは何か。それは実に簡単で、愛情を他人と共有するだけ。自宅にできるだけ多くの友人、家族、ご近所さんを招待すればするほど、自宅に対する愛情と絆がより深まるそう。

1/2ページ

最終更新:8/28(水) 20:51
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事