ここから本文です

詐欺疑い中国人再逮捕 岐阜県内男性IDでセブンペイ不正

8/28(水) 7:53配信

岐阜新聞Web

 セブン-イレブンで使えるスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を不正使用して電子たばこを購入したとして、岐阜県警サイバー犯罪対策課などは27日、詐欺の疑いで、中国籍の東京都中野区上高田、自称アルバイトの容疑者(25)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は7月3日午後3時7分ごろ、中野区内のセブンイレブン店舗で、中津川市の男性会社員(45)のIDとパスワードを不正に使い、電子たばこカートリッジ8カートン(計4万円)をセブンペイで電子決済して購入した疑い。

 県警によると、容疑者は、別の店で同じ手口で電子たばこカートリッジを購入したとして、6日に詐欺容疑で逮捕された。「(中国のメッセンジャーアプリ)ウィーチャットで知り合った友達に頼まれた」と供述しているという。

 県警は、引き続きIDやパスワードの入手経路などを詳しく調べる。

岐阜新聞社

最終更新:8/28(水) 7:53
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事