ここから本文です

“ロケバス婚”新川優愛のお相手も?「4T」な男がモテるワケ

8/29(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「普通です」

“ロケバス婚”で世間を驚かせたモデルで女優の新川優愛(25)が26日、都内で行われたイベントに登場。報道陣から新婚生活について問われ、笑顔でそう答えていた。9歳年上の爽やかロケバスドライバーとは入籍済みで、幸せいっぱいらしい。独り身のオジサンには何ともうらやましい話だ。

「あんな高嶺の花の方からアプローチされるなんて、あり得ないよなあ」と諦めることはない。

 都内の結婚相談所関係者は「最近の女性は堅実になっている。あり得ない話ではありませんよ」と、こう続ける。

「新川さんは理想の男性について『相手を思いやれる人』と答えるなど、堅実な恋愛観を持っていたと聞きましたが、それは今の適齢期の女性に共通しています。結婚相手に求めるものは『3高』ではなく『4T』。低姿勢、低リスク、低燃費、低依存です。要するに、人当たりが良くて偉ぶらず、安定した仕事に就いていて、無駄遣いせず、自分のことは自分でできる男性を求めている。新川さんの旦那さんも、この4Tに当てはまっているのでしょう」

 何が何でもIT社長、というわけじゃないのだ。

 今や共働き世帯の方が多いぐらいで、「妻の方が収入が上というケースも珍しくない。それを『男のプライドが』などとムキになる男性は敬遠されがちです」(前出の結婚相談所関係者)。

 それなら俺も、と淡い期待を抱きたくなる。

 化粧品・健康食品メーカーのファンケルが20代女性500人を対象に昨年実施した「年上男性に対する意識調査」によると、結婚対象は「30代まで」が59%で最も多い。が、「40代まで」「50代まで」「いくつでも問題ない」を合わせると19%と、5人に1人は40代以上も結婚対象として見ているのだ。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「新川さんの旦那さんはイケメンのようですし、芸能人となると話は別ですが、世間では美男美女の夫婦は意外と少ない。理由は、人間は自分にないものを求めているからです。だから、美人は相手に顔を求めていないケースが多々あります。イマドキの若い女性は、同年代の男性と飲みに行っても割り勘が当たり前。ご馳走してくれるぐらいの生活に余裕のある年上男性に、包容力を感じる女性もいるようです」

 新川も包容力を求めていたようだが、これぐらいだったらできそうだ。ただ、仮に結婚できたとしても注意点はある。

「束縛は絶対にしないこと。女性は包容力を求めているのに、結婚した途端に口うるさくなった男性は離婚する確率が高いですね。また30代や40代になり、妊娠やリストラなどで世帯収入が減った時も結婚生活のピンチ。〈口が臭い〉〈顔がたるんできた〉などお互いの嫌な所が気になってきます」(山崎世美子氏)

 新川も今は売れっ子だが……末永く幸せでいられるかどうかは、また別問題のようだ。

最終更新:8/29(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事