ここから本文です

障害は「言い訳」か 克服求める熱狂、能力主義の陰で傷つく人たち

8/30(金) 14:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 障害は、克服すべき対象なのだろうか。パラリンピック史上「最高の成功」と語り継がれるロンドン大会(2012年)は、障害を乗り越えようと躍動するアスリートの超人性を際立たせた結果、一般の障害者との分断を生んでいた。東京大会まで1年。この国でも、熱狂の陰で、傷つく人たちがいる。(川島 秀宜)

 JR東京駅に張られたポスターに、大学職員の男性(41)はたじろいでいた。そこに、パラアスリートの競技写真と、こんなキャッチコピーがあった。

 〈障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ。〉

 東京都が制作した東京パラリンピックのキャンペーン広告だった。男性は思わずツイッターに投稿した。〈東京都庁で障害者雇用されると、障害を理由にできないことがあっても、「言い訳だ!」と上司に詰められるわけですね〉

 ポスターは選手が自らを鼓舞するせりふで、主義主張を他者に強いる意図はなかった。ただ、男性の投稿は共感を集め、都に批判が集中する。都は「不快な思いをした方々におわびする」と、掲示から1週間余りで撤去を決めた。昨年10月の騒動だった。

 男性は取材に、統合失調症を患っていると明かし、勤務先の大学に障害者雇用枠で採用されていた。幻覚や幻聴を覚え、周囲に中傷されているような被害妄想に陥ったのは19歳。疲れやすく、集中力が長続きしないのも特有の症状だが、「怠け者」と誤解されやすいという。

 ポスターは「別世界にいるパラアスリートのストイックな美学を押しつけられたようで、傷ついた」と振り返る。「やろうと頑張っても、できないことがあるから困っているのに」

「超人」に置き去りにされる障害者

 障害の克服を美徳とする発想は「できる者とできない者の分断を生む」。日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)の小倉和夫理事長(80)は、そう考えていた。ポスター騒動は「その実例ではないか」。パラサポは、パラアスリートを安易に「超人」と呼ばないようにしている。小倉さんの信念だった。

1/3ページ

最終更新:8/30(金) 14:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事