ここから本文です

予算3万円以下で発見! 70年代テイストの“レトロデジタル”な腕時計/編集部:船平のカジュアル時計レビュー

2019/8/30(金) 9:48配信

ウオッチライフニュース

70年代のレトロテイストを再現した、こだわりのデジタル時計

 編集部のカジュアルウオッチ担当:船平が、実機を見て“コレは欲しい!”と思ったモデルを本音でレビュー。今回は、“VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)”のデジタル時計をお届けしよう。

 針でインデックスを指し示して時間を表示するアナログ時計に対して、数字を直接表示して時間を示すデジタル時計。皆さんは、デジタル時計と聞いてどんなイメージを思い浮かべるだろうか。

 時計好きな人にとって、デジタル時計は伝統的なアナログ時計と対比されるジャンルなので、現代的、カジュアル、スポーティという印象が強いかもしれないが、筆者の印象は少々異なる。

 デジタル時計の原点のひとつとして知られる世界初のLED表示式デジタル時計、“パルサー”が1971年に登場してからはや48年。

 近年、アナログ時計の世界では70年代のレトロな機械式時計を復刻するトレンドが見られるのだが、誕生から半世紀を経たデジタル時計に関しても、この“レトロ”というニュアンスがプラスされているように思えるのだ。

 実は、時計ブランドからも、ちらほらと1970年代~80年代のデジタル時計からインスパイアされたモデル(このレビューコラムで以前紹介した、“VOID WATCHESなど)がリリースされている。現在はまだマイナーだが、この“レトロなデジタル時計”は、今後、勢力を拡大する可能性を秘めた注目のジャンルといえるのだ。
 今回、レビューする“VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)”の時計もそんな“レトロデジタル”なモデルのひとつ。

 あくまでも筆者の感想だが、1979年に某有名ブランドから発売された伝説的デジタル時計を彷彿とさせるデザインに仕上げられており、ディスプレイのデザイン、小ぶりなサイズ、外装のラフな仕上げなど、細部まで70年代のレトロなテイストが再現されているのだ。

1/2ページ

最終更新:2019/8/30(金) 9:48
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事