ここから本文です

再開発に揺れるアジア最大のスラム街 インド・ムンバイ

8/30(金) 12:06配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【8月30日 AFP】インド・マハラシュトラ(Maharashtra)州の州都ムンバイの中心にあるアジアで最も有名なダラビ(Dharavi)のスラムが、数十億ドル規模の再開発計画に揺れている──。このスラムはダニー・ボイル(Danny Boyle)監督の2008年の映画『スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)』の舞台となったことでも知られ、非公式経済が活発な地域でもある。

 インド当局は、活気あるダラビのスラムを取り壊し、シンガポールのような超高層ビルとショッピングセンターが立ち並ぶ高級居住地にする計画を進めている。

 推進派は、再開発により数十万人の生活が向上すると主張しているが、一方の反対派は、政府が不動産業者に迎合しているとして、計画がダラビの社会構造を破壊させると非難している。

 液体せっけんを製造するアシュラフ・シェイク(Ashraf Sheikh)さんは「ダラビはムンバイの心臓だ…政府はそれを欲しがっている」と訴える。シェイクさんは最近、再開発に反対し8日間のハンガーストライキを実施した。

 ダラビはアジア有数の貧困地区で、推定70万から100万人が約2.1平方キロの土地にひしめき合って暮らしている。公衆のトイレを使うために数百人が並ぶこともある。

 だがここは、欧米諸国の人々が思い浮かべるスラムとは違う。ダラビは経済活動が盛んで、年間数十億ドル(数千億円)超の規模で取引が行われている。主要産業は、陶器や革製品、繊維製品などの製造業。約5000社が推定約1万5000の工場を運営しているといわれている。大量に出るごみもここで分別され、リサイクルへと回される。

 ある陶器職人は「私たちは100年以上ここで生活し働いてきた…ここに高層ビルを造るのなら私たちを撃ち殺してからだ」と語った。

■スラムをスマートシティーに

 マハラシュトラ州政府は先ごろ、再開発を委託する業者を選定するために入札を実施した。この入札で最高額を提示したのはドバイを拠点とする開発業者だった。この業者を支援しているのは、アラブ首長国連邦(UAE)の王室関係者だという。

 政府の開発予算は約40億ドル(約4300億円)。ボロボロの家屋数万軒を取り壊し、最高30階建てのビル数百棟を建設する計画だ。

 開発業者セクリンク・グループ(SecLink Group)のニラン・シャー(Nilang Shah)最高経営責任者(CEO)によると、「ドバイやシンガポールのマンションにも見劣りしない」広さ300平方フィート(約28平方メートル)のアパートが約7万世帯に無償で供給される予定だという。

 シャー氏は、この地区を「スマートシティー」として展開させたいと話す。また、商業区と居住区とを分けるだけでなく、ニューヨークのようなセントラルパーク、さらには「モダンなマリーナ」を近隣の湾に整備したいとしている。ただ、ここで名前の挙がった湾は汚染が進んでいるという。

■不動産業者のロビー活動

 ダラビはもともと沼地だったが、英植民地時代の産業の拡大に伴い19世紀末にボンベイ(Bombay、ムンバイの当時の呼称)に人々が流入したことで急速に発展した。近年では、カメラを持った観光客が、ブリキ屋根の今にも崩れそうな工房をのぞいたり、ヤギや手押し車をよけながら狭い通りを散策したりする姿も見られるようになった。

 ダラビはムンバイという巨大な港湾都市の中心に位置し、オフィス街バンドラ・クルラ・コンプレックス(Bandra Kurla Complex)や空港、鉄道の駅、主要水路などにも近く、開発業者には魅力的な地となっている。セクリンクは、これらの高層ビルによって150億ドル(約1兆6000億円)の利益を見込んでいる。

 しかし、フリージャーナリストのカルパナ・シャルマ(Kalpana Sharma)氏は、「不幸なことに、不動産業界が利益を追求するあまり、ダラビの再開発が決まってしまった」と話す。

 当局は今後、2000年以前からダラビに住んでいる世帯についての調査を実施する予定で、該当する人々には無償で住居が提供されるという。シャー氏によると、開発はこの調査の後に開始され、住民らには5年以内に新しい住居が提供される見通しだ。

 だだ、再開発に対する住民らの懸念は払しょくされていない。

 プラスチックの再生工場を経営する男性(55)は「私たちは再開発に反対しているわけではない」と話すも、「だが、この場所を産業が活発な地域にしたのは私たちだ。ビジネスを取り上げられたら、何もないまま取り残されてしまう」と不安の表情を浮かべた。

 映像はダラビで暮らす人たち、3月7日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8/30(金) 12:06
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事