ここから本文です

「いつの日か一緒にディナーでも…」メッシと世界最高を自負するC・ロナウドが“良きライバル関係”を強調

8/30(金) 11:54配信

GOAL

ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドは、バルセロナのリオネル・メッシとのライバル関係について言及した。

C・ロナウドとメッシがCLで「まだ達成できていない」記録とは?

10年以上にわたりフットボール界の頂点に君臨し続けるロナウドとメッシ。29日に発表された2019年UEFA年間最優秀選手賞はリヴァプールのビルヒル・ファン・ダイクに譲ったものの、現在はそれぞれイタリアとスペインに分かれて活躍を続ける。

そんな中、29日に行われたチャンピオンズリーグ本戦の抽選会の場で、ロナウドはメッシについて言及する。「僕と彼は15年間にわたりステージを共有し合ってきた。これまでにフットボール界で同じ2人の男によってこのようなことがあったとは思えない」とメッシとともに世界のトップに立ち続けていることを自負し、バルセロナFWとの関係性について話した。

「僕たちの間には良い関係性がある。確かに、まだ一緒にディナーに行ったことはないけど、これからそうできると願っている。もちろん、15年間にわたりバトルを続けたスペインでのプレーが恋しい。このことが僕の成長を後押しして、僕も彼の成長を後押しした。フットボールの歴史の一部になれることは良いことで、僕は実際にそうなっているし、もちろん彼だってそういう存在だ」

また、現在34歳のロナウドは、先日に早ければ今シーズン終了後に引退する可能性があると話していたが、今後も世界最高の選手の1人としてプレーすることを誓った。

「彼は僕よりも2歳若いけど、僕だって僕の年齢にしたら良いほうだ。来年も、2年後も、3年後もこの舞台にいられることを願っている。だから、例えみんなが僕のことを嫌っていても、これからもこの舞台で僕の姿を目にすることになるはずだ」

一方で、ポジション別の年間最優秀選手に選ばれたメッシは、ロナウドについて「ロナウドとは美しいライバル関係だ」とコメントしている。

最終更新:8/30(金) 11:54
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事