ここから本文です

棒がななめってる「森山酒造」のアイスキャンデー 実は考え抜かれたフォルムだった!~ふるさとWish小郡市~

8/30(金) 13:30配信

九州朝日放送

2019年8月5日に放送したKBC九州朝日放送「サワダデース」のアイタカー中継では、小郡市の「大保酒店」を訪れました。

一見、普通のまちの酒屋さんのようですが、お店に入ると「アイスキャンデー」と大きく書かれた冷凍庫が。中に入っていたのは、大量の棒アイス! 同酒店は「もりやまのアイスキャンデー」を作っている森山酒造の直営店なのです。

「もりやまのアイスキャンデー」は、地元の人にとって小さなころから食べているふるさとの味。フレーバーも昔から変わらず、あずき、ミルク、まっ茶、チョコの4つ。100円というお値段もうれしいですね。

それにしても、なぜ酒造でアイスキャンデー? 「酒造りは冬が忙しい。逆に夏場はすごく暇なので、何かないかということでアイス作りを始めたそうです。酒の仕込み水を使って、無添加で作っています」と、森山酒造の森山彰高社長。もう一つのなぞは、棒がななめにささっていること。「棒が真ん中に(真っ直ぐ)入っていると、(アイスの)半分が落っこちてしまうので。それと、作るときに型から抜きやすいようにするためです」。なるほど~!ちょっとしたアイデアだったのですね!

森山酒造のアイスキャンデーは、大保酒店の他、みなみの里(筑前町)、ゆめ畑(JA筑紫野、大宰府、那珂川、大野城)で販売。ふるさと納税の返礼品にもなっていますよ

■大保酒店
福岡県小郡市大保1067-1 森山酒造内
℡:0942-75-2302

九州朝日放送

最終更新:8/30(金) 13:30
九州朝日放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事