ここから本文です

<仮面ライダーゼロワン>主演・高橋文哉 “令和初”仮面ライダーとして… 変身ポーズは手の形に注目?

9/1(日) 7:40配信

まんたんウェブ

 9月1日スタートの人気特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)で主演の高橋文哉さん。令和1作目の仮面ライダーで飛電或人(ひでん・あると、仮面ライダーゼロワン)を演じる。「クウガ」から「ジオウ」まで20作続いた「平成仮面ライダー」に代わり、令和という新たな時代を切り開くヒーロー「ゼロワン」として活躍が期待されている高橋さんに、ドラマに懸ける思いを聞いた。

【写真特集】9月から“ニチアサ”の新たな顔に! ふみやが可愛い!! こんな表情も…

 ◇主人公・或人は「もう一人の自分」

 「仮面ライダーゼロワン」は、「AI=人工知能」がテーマ。AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台で、AI企業「飛電インテリジェンス」の青年社長・或人(高橋さん)が主人公。自社開発のAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走し、或人は仮面ライダーゼロワンとして、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく……というストーリー。

 高橋さんは2001年3月12日生まれ、埼玉県出身の18歳。仮面ライダー主演俳優初の21世紀生まれだ。

 今回、オーディションで或人役を射止めた高橋さん。「令和初の仮面ライダーという看板をいただいた時は喜び、驚き、そして初めての大役を任せていただいたという今まで感じたことのない気持ちが込み上げてきました。期待されるのはすごくうれしいですし、期待に応えるという気持ちももちろんありますが、決まった直後はすぐ実感も湧かず、緊張の毎日でした」という。

 「不安を抱えたり、悩んだまま或人を演じても、みんなには届かない。それなら、ありのままの自分で、本気でぶつかってみようと。最初は本当にうまくできない自分に嫌気が差したりしましたけど、今はもう或人はもう一人の自分、大好きな或人を皆さんに伝え、愛してもらおうと思っています」との思いも明かす。

 ◇変身ポーズの手の形「バッタの足をイメージ」

 そんな高橋さんが体現する新時代のヒーロー「仮面ライダーゼロワン」。バッタをモチーフにしたビジュアルに加え、変身ポーズも大きな見どころといえる。

1/2ページ

最終更新:9/1(日) 7:40
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事