ここから本文です

【ファーム】楽天・オコエが偉業達成!燕・宮本サヨナラ弾、原が実戦復帰

8/31(土) 22:54配信

イレブンスポーツ

● 西武 2 - 8 楽天 ○

(C)イレブンスポーツ

イースタン・リーグ公式戦
<西武第二 8月31日>
▼ スコア
楽|100 600 010|8
西|200 000 000|2

 楽天のオコエ瑠偉がサイクルヒットを達成。イースタン・リーグでは2016年の肘井竜蔵(元ロッテ)以来、史上10人目となる偉業を成し遂げた。

 「1番・中堅」で先発出場したオコエは第1打席から快音連発。初回に西武の先発・内海哲也から左越えへ先頭打者アーチ放つと、1点リードで迎えた4回の第3打席には満塁の場面で右中間へ走者一掃の適時三塁打。6回に左安打を放ち大記録に王手をかけ、8回の第5打席に左中間を破る二塁打。球団史上初の偉業を成し遂げた。

 オコエの大活躍もあって主導権を握った楽天は、先発左腕の渡邊佑樹も好投。初回に2点は失ったものの、2回から5回まではパーフェクトピッチング。6回から登板した2番手・由規も試合の流れそのままにノーヒットピッチングを披露して、残る4イニングをシャットアウトした。

 敗れた西武は先発の内海が3回3安打1失点。2番手・南川忠亮が守りのミスも絡んで大量失点し、試合前半のうちに大量ビハインドの苦しい展開となってしまった。

○ 中日 6 - 1 広島 ●

ウエスタン・リーグ公式戦
<ナゴヤ 8月31日>
▼ スコア
広|000 000 001|1
中|021 021 00X|6

 ホームの中日が集中打で攻め立て快勝。雨天中止を挟んで前カードから2連勝を収めた。

 中日はスコアレスの2回にA.マルティネス、杉山翔大の連続ヒットなどで2点を先制すると、3回には2番・伊藤康祐、3番・根尾昂の連打で攻め立て押し出しで加点。5回、6回にも打線が繋がり、畳み掛けるようにリードを拡げた。

 投げては2年目右腕の先発・清水達也が4回・60球を投げて5奪三振、無失点の好投。9回に5番手のR.マルティネスが連打を浴びて失点はしたが、終わってみれば最少失点リレー。2番手として5回から2イニングを無失点に抑えた福谷浩司が今季3勝目(2敗)を手にしている。

1/3ページ

最終更新:8/31(土) 22:54
イレブンスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 13:05

あなたにおすすめの記事