ここから本文です

自転車声優・野島裕史が選ぶ!「女子をサイクリングデートに誘うときの曲」とは?

8/31(土) 11:20配信

TOKYO FM+

声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。8月25日(日)の放送では、“自転車にまつわるテーマ”で選曲した、野島おすすめの楽曲をお届けしました。

【写真を見る】パーソナリティの野島裕史(写真左)

★ダーティ・ループス「Hit Me」

「Y'sRoadでワクワクしながらNewアイテムをチェックしまくっているときに聴きたい曲」に合わせて、野島がご紹介したのが、こちらのナンバー。

野島:「Y's Road 新宿カスタム店」に、最低でも週に1回は足を運んでいます。そのとき、自転車パーツを集中して見ているなかで、耳に入ってきたのがこちらの楽曲。歌声とかも耳にスッと入ってくるので、とても気に入っちゃいました。

★奇妙礼太郎トラベルスイング楽団「オー・シャンゼリゼ」

こちらは、「気になっている女子をサイクリングデートに誘いたい! 口説き落とすのに最高のBGM」としてセレクトした楽曲。

野島:「オー・シャンゼリゼ(フランスの歌手ジョー・ダッサンの楽曲)」は有名ですよね。パリ、フランス、「ツール・ド・フランス」という流れでこの曲を……。ムーディーにしてもいやらしいですし、奇妙礼太郎さんの歌声がサイクリングデートにぴったりだと思ったんです。

この曲を知ったのは、Mt.富士ヒルクライムの帰り道の車内。すごい渋滞だったので、みんなで好きな曲を流していたんですけど、そんななか当番組のディレクターが選んで流してくれて。すごく気に入っています。

「BROMPTON(ブロンプトン)」などの小径車に乗って、「BROMPTON JUNCTION TOKYO」(東京・代官山にある「BROMPTON」オフィシャルショップ)やカフェ巡りするときに流れていたらお洒落感があるかなと思って選んでみました。

★アート・オブ・ノイズ「Robinson Crusoe」

「休みの前の日の夜に“明日どこ走ろうかな”と考えながら、ゆっくりお酒を飲みながら聴きたい曲」をテーマに、野島がセレクトしたナンバーが、こちら。

野島:行先を考えることに集中するため、歌が入っていない曲のほうがいいかなと思って選んだ曲です。

1990年代のCM曲で、聴いたことがある方も多いと思いますが、この曲は広大な旅のイメージ。遠くへ飛んで行っているようなイメージがあって、自転車の疾走感とうまくマッチして、イメージが膨らむんですよね。でも、ゆっくり“明日はどこ行こうかな”と考えるには、3分しかないというのが若干の欠点でございました。

1/2ページ

最終更新:8/31(土) 11:20
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事