ここから本文です

近代日本画を代表する4人の作品が一堂に! 『大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―』展

8/31(土) 7:05配信

ぴあ

山種美術館では広尾開館10周年記念特別展『大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―』が、8月31日(土)から10月27日(日)まで開催。新たな日本画の創造を目指した画家たちの多彩な表現を見ることができる。

その他の写真

横山大観(よこやまたいかん・1868~1958)、菱田春草(ひしだしゅんそう・1874~1911)、川合玉堂(かわいぎょくどう・1873~1957)、川端龍子(かわばたりゅうし・1885~1966)。

彼らは活動の場を異にしながらも、伝統をふまえながら新しい時代に即した絵画を模索し、日本画の発展を導いたパイオニアたちだ。

日本美術院の創設に参加した大観と春草は、さまざまな技法や表現を試みて革新的な日本画を生み出し、官展を中心に活躍した玉堂は、日本画における風景表現に新境地を拓いた。また龍子は、再興日本美術院を脱退して自ら主宰する青龍社を創立し、大画面の迫力ある作品を発表して画壇にインパクトを与えた。

同展では、そんな4人の画業をたどりながら、近代日本画の歩みを振り返っていく。さらに、山種美術館の創立者である山崎種二の希望により企画され、晩年の大観・玉堂・龍子の3人が出品した『松竹梅展』(1955~1957年)にも焦点を当て、山種美術館が所蔵する『松竹梅展』の作品が全点展示される。

また、南画とやまと絵を融合させた大観の《作右衛門の家》、光や空気の描出に挑んだ「朦朧体(もうろうたい)」の代表作である春草の《釣帰(ちょうき)》、田園の情景を生き生きと表した玉堂の《早乙女》、第1回青龍展に出品された記念碑的な龍子の《鳴門》など、山種コレクションから各画家の珠玉の作品が紹介される。

近代日本画のパイオニアとして画壇を牽引した大観・春草・玉堂・龍子の競演を、この機会に堪能したい。

最終更新:8/31(土) 7:05
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事