ここから本文です

ローマが期限付きでスモーリング獲得…マンチェスター・Uから今夏3人目のセリエA挑戦

8/31(土) 7:31配信

GOAL

ローマは、マンチェスター・ユナイテッドからクリス・スモーリングを期限付きで獲得したことを発表した。

ローマ、マンチェスター・U、レアル…欧州有名クラブの2019-20シーズンユニフォームは?

長年マンチェスター・Uでプレーする29歳のスモーリングは、30日にローマでメディカルチェックを受け、1シーズンの期限付きでセリエAに活躍の場を移すことが決定。なお、同選手は6番のユニフォームを着用することが決まり、ローマはこの移籍で300万ユーロ(約3億5000万円)を支払うことになる。

今夏にナポリに移籍したコスタス・マノラスの代役としての活躍が期待されるスモーリングは、ローマの公式ウェブサイトで「これは僕にとって完璧なチャンスだ。ビッグチームとともに新しいリーグで経験を積める機会が僕には必要だった」と喜びを語り、以下のように続けた。

「マンチェスターは、僕にとって特別場所だ。でも、9年前にクラブに加入したときと同じように僕はまだレギュラーとしてプレーを続けることを強く望んでいる。ASローマは多くの歴史がある素晴らしいクラブで、この新しいチャレンジを楽しみにしている。新しいリーグ、異なる文化を経験できることは楽しみで、ローマの国内外での目標に手が届くように協力したい」

2010年にフラムからマンチェスター・Uに加入し、9シーズンにわたり全公式戦323試合に出場したスモーリング。しかし、今夏にDF史上最高額でレスター・シティから加入したハリー・マグワイアの影響で、今シーズンはここまで出番がなく、チームから離れることを決意した。

なお、マンチェスター・Uから今夏にセリエAへと旅立ったのはスモーリングで3人目。すでにロメル・ルカクとアレクシス・サンチェスがインテルに加入している。また、マッテオ・ダルミアンもパルマ行きが近づくと報じられている。

最終更新:8/31(土) 7:31
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事