ここから本文です

本田圭佑“無銭飲食”に気づいて支払いに戻り「日本人は神」と感謝される

9/1(日) 17:06配信

デイリースポーツ

 元サッカー日本代表の本田圭佑(33)が1日、ツイッターで、うっかり“無銭飲食”をしてしまい、支払いに戻った店で「お前ら日本人は神や」と感謝されたことを驚きと共につづった。

【写真】本田圭佑 麦わら帽、短パン姿で帰国

 本田によると、あわや“無銭飲食”となってしまいそうだったのは、空港内のレストラン。ゲート近くのレストランで軽く食事をして、搭乗時刻になったため、ゲートで待機していたところ「あ!支払いせずに出てきてしまった!」と気づいたという。

 慌てて支払いに戻ると店員から「お前ら日本人は神や!」と感謝の言葉をかけられたという。

 自分としては、当然の行動を取りながら、想定外の反応があったことに本田は驚いた様子で「普通のことして感謝されて、日本の文化を誇らしくなった日」と書き添えている。

 このツイートはダルビッシュ有もリツイートするなど反響を呼び、「日本人の感覚では当たり前だけど、他国ではそれが当たり前ではないってことって多々ありますよね」「ほのぼのさせて頂きました」「日本に生まれ育って当たり前を学べて良かった」「それが普通でないのが悲しい」などの声が上がっていた。

 本田は8月31日のツイッターで、9月5日、10日のW杯アジア2次予選ため実質的な代表監督を務めるカンボジアに向かうと記している。

最終更新:9/1(日) 20:13
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事