ここから本文です

欧州人で初めて「慰安婦」としての体験を語ったジャン・ラフ・オハーンさん、96歳で死去

9/1(日) 11:04配信

The Telegraph

 1942年、オランダ領東インド諸島のジャワ島に日本軍が侵攻した時、サトウキビ農園で家族と共に暮らしていたオランダ人のジャン・ラフ・オハーンさんは、19歳だった。2年後、オハーンさんは抑留されていた強制労働収容所から連れ出され、いわゆる「慰安婦」として、日本兵の性奴隷となることを強要された。オハーンさんは先月、96歳で亡くなった。

 多くの被害者同様、オハーンさんも半世紀近くにわたり、沈黙の中で苦しんだ。だが、1992年、声を上げようと決意した高齢の韓国人女性3人がインタビューを受けている姿をテレビで見て、オハーンさんは欧州人として初めて、日本軍にレイプされ、おとしめられたことを公にした。

「日本は韓国人女性に耳を貸そうとしなかった」とオハーンさんは後に振り返っている。「でも、欧州人女性が前に出て『ちょっと待って、あなたたちはアジア人女性だけにそんなことをしたわけじゃない。欧州人女性、オランダ人の少女にもした』と言えば、彼らは姿勢を正して話を聞くと、私には分かっていた。そしてそうなった」

 オハーンさんは1923年1月18日、ジャワ島西部のバンドンで、敬虔(けいけん)なローマ・カトリック教徒の家庭に生まれた。成長する中で、修道女になりたいと思うようになった。1942年3月にジャワ島が日本の手に落ちると、オハーンさんと母親、2人の妹は敵国の非戦闘員として、強制労働収容所に抑留された。1944年2月、日本軍の将校が収容所にやって来て、17~21歳の独身女性は全員、検査のために並ぶよう命令した。「将校は、それぞれの女の子を調べながら、列の前を何度も行ったり来たりした」と回顧録「オランダ人『慰安婦』ジャンの物語」で、オハーンさんは当時のことをつづっている。

「彼らは今、私のすぐ目の前に立っている。そのうちの一人が、私の顔を見るために棒で私の顎を上げた。そこに立ってにやにやしながら、私の脚、顔、体を見ている。ああ神様、と私は祈った。どうか彼らに私を連れて行かせないで」

 収容所にいた修道女が日本軍司令官に働きかけたにもかかわらず、オハーンさんを含む10人の若い女性が、軍用車両に乗せられ連行された。

 オハーンさんと他6人の女性は、ジャワ島のスマランにあったオランダのコロニアル様式の邸宅へ連れていかれた。そこは、陸軍将校用の慰安所に転用されていた。「私たちは皆、処女だった。あまりにも純粋だった」とオハーンさんは振り返る。「皆で、これから自分たちの身に何が起こるのかを考えた。今日まで、あの恐怖を忘れたことは一度もない」

 初めての夜、日本軍の将校が到着すると、オハーンさんは怖がる少女たちをリードして、詩編27編「主は私の光、私の救い。私は誰を恐れよう」を暗唱した。

 しばらくして、1人の日本人将校がオハーンさんに近づき、刀を抜いた。「将校は私の上に立ちはだかり、刀を私の体に向けていた。将校に向かってジェスチャーで、死ぬ前に祈りをささげさせてほしいと頼んだ。刀が肌に触れる中、私は祈るためにひざまずいた。将校はいらつき始めた。彼は私をベッドに投げつけ、私の服を引き裂いた。これほどの非人道的で暴力的なレイプは、言葉で表現できない」

 その後3か月にわたり、女性たちは繰り返しレイプされた。自分の外見を醜く見せるために、オハーンさんは髪をそったこともあったが、相手の気をそぐ代わりに、余計にその気にさせてしまったようだった。

 3か月後、軍高官が何度か視察に訪れた後、女性たちは荷物をまとめるよう指示された。捕虜収容所にいる家族の元へ返されたが、何が起こったかを口外すれば、家族もろとも殺すと脅された。「沈黙はあのとき、あの場所で始まった。私たちに無理やり押し付けられた沈黙が」とオハーンさんは振り返っている。

 オハーンさんは、秘密を母親とカトリックの神父に打ち明けた。母親は打ちひしがれ、神父はやっと次のように答えた。「私の愛しい子よ、そのような状況ならば、修道女にならない方がいいと思う」

1/2ページ

最終更新:9/3(火) 8:43
The Telegraph

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事