ここから本文です

NGT48の村雲颯香、グループ卒業公演を行い芸能界引退「少しずつ一歩一歩進んでほしい」

9/1(日) 12:46配信

AbemaTIMES

 アイドルグループ・NGT48の村雲颯香が31日、新潟市内のNGT48劇場で卒業公演を行い、芸能界から引退した。

 2015年にグループ1期生としてデビューした村雲。去年12月にファンの男性から暴行を受けていた元メンバーの山口真帆が、今年5月の卒業公演で「寄り添ってくれた」と、村雲に向けて感謝の思いを口にしていた。

 「この半年間くらいは苦しいことが多くて…。メンバーの苦しむ姿を見たし、ファンも悲しませた。自分の立場で何ができるかを悩んだ時期もあった」と、複雑な心境を明かした村雲。「新潟県の皆さん、メンバー、NGTを大切にしたいから。ちょうど悩んでいる時期に卒業を決めた」と自身の卒業で、グループを変える原動力にしようと考えたという。

 さらに「少しずつ一歩一歩進んでほしい。誰一人傷つけることなく、優しくいられるようになってほしい」と、およそ9分間におよぶスピーチで、グループに対する思いを語った。

 また、この日の公演で、角ゆりあがNGT48の新キャプテンに就任する事が発表された。角は「悩みましたが、選んでくれたことはありがたいと思い、ぐいぐい引っ張るというよりは、近くでメンバーを支えられる存在になれれば」と、意気込みを語った。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:9/1(日) 12:46
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事