ここから本文です

乳児用チャイルドシート「前向きに着用」は間違い 交通教本も誤認識 制作側に直撃

9/1(日) 6:00配信

AUTOCAR JAPAN

免許更新時に配布 「交通の教則」に間違い

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

法律で使用が義務付けられているにもかかわらずチャイルドシートの正しい使用方法はなかなか普及しない。

【写真】欧州の安全テスト 5つ星の日本車 (163枚)

この夏にも、おそらくチャイルドシートを正しく使用しなかったことが理由で、数名の赤ちゃんが亡くなっている。

なぜ着用率はもちろん、正しい使用が普及しないのだろうか。その原因を明らかにしていきたい。

「交通の教則」(「交通教本」などの名称も)は自動車免許を取得または更新するときに必ず手にする配布小冊子である。自宅に保管している、クルマに入れているという方も多いだろう。

筆者がその「交通の教則」の中にとんでもない危険な情報を見つけたのは2018年9月のことだった。

免許を更新した際に免許センターで受け取った「交通の教則」のチャイルドシートに関する記述を講習中に読んでいたところ、以下の内容に気づき、愕然とした。

その間違いとは、最後の一文「(チャイルドシートは)必ず前向きに固定しましょう」の部分である。

以下、実際に書かれている内容を記す。


(2)チャイルドシートは使用の方法を誤ると効果がなくなりますので、取扱説明書などに従って、正しく使用させましょう。正しい使用の方法は次の通りです……

(中略)

やむを得ず助手席で使用させるときは、座席をできるだけ後ろまでさげ、必ず前向きに固定しましょう。

チャイルドシートには乳児用(ベビーシート)、幼児用(チャイルドシート)、学童用(ジュニアシート)の3タイプがあり、体重や身長など子どもの体の成長に合わせて、月齢や年齢ではなく、体の大きさに合わせて選ぶのが大原則である。

チャイルドシートは国土交通省が型式指定をしている自動車部品という扱い。幼児と学童用は前向きで安全性等のテストをしており、乳児用は後ろ向きで同様のテストをしている。

したがって乳児用(1歳半頃/体重10~13kgまで)は進行方向に対して後ろ向きに、幼児用と学童用は前向きに使うことで、初めて正しく「自動車部品」を使っていることになるのだ。

これは「個々のシートによって使い方が異なる」というレベルではなく、日本で使用が許可されている乳児用シートは、すべてが後ろ向き(一部ベッド型は横向き)で使用する。

1/3ページ

最終更新:9/1(日) 11:33
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事