ここから本文です

今井さん(白河出身)ら作品展示 院展、東京都美術館で開幕

9/2(月) 11:45配信

福島民報

 日本美術院が主催する日本画の公募展・再興第百四回院展は一日、東京都美術館で開幕した。

 日本美術院同人・今井珠泉さん(東京都板橋区、白河市出身)の「北の海(流氷)」、同じく同人の藁谷実さん(広島市、棚倉町ゆかり)の「歴日の形象」、県内から唯一入選した斎藤勝正さん(福島市、県美術家連盟顧問)の「霧立つ山稜」など二百九十九点を展示している。

 いずれも入選した小林希光さん(神奈川県海老名市、会津坂下町出身)の「昇龍滝」、高田峻典さん(千葉市、福島市・相馬市ゆかり)の「鴨川の棚田」、高橋俊子さん(鳥取市、会津若松市出身)の「生きる」、藤原まどかさん(千葉県松戸市、会津若松市出身)の「night bird」、藁谷剛巳さん(千葉県松戸市、棚倉町ゆかり)の「靄(もや)」も紹介している。

 会期は十六日まで。二日は休館。

最終更新:9/2(月) 11:45
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事