ここから本文です

メルセデスベンツ Cクラス にPHEVモデルを追加 EVモードは最高速130km/h・航続54km

9/2(月) 20:00配信

レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は、『Cクラス』セダンにプラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」を、セダン/ステーションワゴンに特別仕様車「ローレウスエディション」を追加し、9月2日より注文受付を開始した。

[関連写真]

C350eアバンギャルドは、最高出力211ps/最大トルク350Nmの2.0リットル4気筒直噴ターボエンジンに、最高出力122ps/最大トルク440Nmを発生しブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせ、システム全体で320ps/700Nmを発生。エンジンとモーターを状況に応じて使い分けることで、ガソリンエンジンモデル、EV、ハイブリッドモデルの特長を生かしたハイパフォーマンスを発揮する。

走行モードは、「ハイブリッド」「E-モード」「E-セーブ」「チャージ」の4つを備え、E-モードでは、電気モーターのみで約54kmを走行でき、最高速度は130km/hを実現。市街地から高速道路まで静粛性に優れたEVドライブを楽しむことができる。

また、無駄なエネルギー消費やアクセルワークを防ぐは「インテリジェントアクセルペダル」を装備。プレッシャポイント機能では、EV走行モードの際、アクセルペダルの抵抗を増して、モーター走行の限界点をドライバーに通知する。ダブルパルス機能は、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせ、不要なアクセルワークを防ぐ。

納車は10月頃を予定。価格(消費税10%込)は679万円。

特別仕様車ローレウスエディションは、セダンおよびステーションワゴンの「C200」「C200 4MATIC」「C220d」各3グレードに設定。スポーティなエクステリアを演出するAMGスタイリングパッケージや、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」を標準装備する。新たに、360°カメラシステムやシートベンチレーター(前席)などを装備する「レザーエクスクルーシブパッケージ」をオプション設定。また、センターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッジを装着する。

納車は9月2日より順次。価格(消費税8%込)は575万3454円から626万4000円。

また、Cクラス(セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ)の装備を一部変更。C 180は、最高出力156ps/最大トルク250Nmを発生する1.5リットル4気筒ターボ「M264」エンジンを搭載する。納車は10月頃を予定。価格(消費税10%込)は463万円から639万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/2(月) 21:55
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事